たぬきちが襲ってくる?『あつまれ どうぶつの森』の長編ホラー映画が制作決定

『あつまれ どうぶつの森』を扱った短編ホラー映画『DON’T PEEK』が長編映画化されることに。ロシアの鬼才ティムール・ベクマンベトフ監督がストーリーの脚色とプロデュースを担当。「あつ森」ファンだけでなく映画ファンの間でも期待が膨らんでいます。

Nintendo Switch用の人気ゲーム『あつまれ どうぶつの森』を扱った短編ホラー映画『DON’T PEEK』が、長編映画化されると発表されて話題になっています。
 

短編ホラー映画『DON’T PEEK』(公式YouTubeより)​​​​​

もう夜中にプレイできない!「あつ森」と現実がリンクするホラー映画


『DON’T PEEK』はコロナ禍の限られた制作環境で作られた短編映画で、2020年10月にYouTubeにて公開されました。


その内容は、夜中に1人で『あつまれ どうぶつの森』をプレイする女性が、奇妙な体験をするというもの。


ゲーム内に作られた部屋と、現実の自分の部屋がなぜか連動していることに気づいた女性。最初のうちは、引き出しの開け閉めや照明のオンオフなどを試して面白がっていました。


しかし、しばらくしてゲーム内の自室の暗闇に、謎の人影が見えることに気づきます。あれ、こんなキャラいたっけ……?
 

あつ森の部屋の謎の人影に気づいた主人公​​​​(公式YouTubeより)​​​


現実の自室でも暗闇から物音や気配が。「ここから出してくれる?」とゲーム越しに問いかけてくる人影。怖くなった女性が「いいえ」を選ぶと……!
 

「ここから出してくれる?」(公式YouTubeより)​​​


緊張感のある展開と、衝撃のラスト。7分間という短さながら世界中の「あつ森」ファンを震え上がらせ、大きな話題となりました。

 

『ハードコア』や『search/サーチ』に次ぐ斬新な「あつ森」映画誕生か


そんな『DON’T PEEK』の長編映画化に名乗りを上げたのは、ロシアの鬼才ティムール・ベクマンベトフ監督。ストーリーの脚色とプロデュースを担当することが発表されました。
 

全編一人称視点で撮影された『ハードコア』(2015年公開)※画像はAmazonより


ベクマンベトフ監督は過去にも、全編一人称視点で撮影されたSFアクション映画『ハードコア』や、全編パソコンの画面上で展開するスリラー映画『search/サーチ』など斬新な映画をプロデュース。

全編パソコンの画面上で展開する『search/サーチ』(2018年公開)※画像はAmazonより


監督作品としては、長編の商業映画として史上初となるTikTokやSnapchatのような「全編縦」の「長フォーマット映画」が2021年公開予定。


そんなベクマンベトフ監督が手がけるとあって「あつ森」ファンだけでなく、映画ファンの間でも期待が膨らんでいます。


長編映画になる際に「あつ森」以外のゲームがモチーフになる可能性もありますが、世界的に知られるゲームであり、ほのぼのとした世界観と緊張感あるホラーとの大きなギャップは「あつ森」ならではのもの。ぜひ長編でも採用してほしいところです。


ローンを延滞したプレイヤーを現実世界まで追いかけて襲ってくるたぬきち、怖いけど観てみたいですよね……!


今後の動向が気になる「あつ森」長編映画。ぜひ注目してみてはいかがでしょうか。


【おすすめ記事】

さよならエヴァンゲリオン。かつて「シンジ君」だった僕たちの25年目の卒業

マンガ大賞2021を受賞! 『葬送のフリーレン』の王道かつ斬新な魅力とは

M-1とR-1の2冠達成! Creepy Nutsが賞レース曲に選ばれる理由

ユニクロ「UT」から村上春樹Tシャツ発売に「やれやれ」と僕は思った

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    港区女子は、なぜここまで嫌われる? 自活する女性から「おごられ」「パパ活」の代名詞になった変遷

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    外国人観光客向け「二重価格」は海外にも存在するが……在欧日本人が経験した「三重価格」の塩対応