新生活に始めたい習い事は? その理由と払える費用

オンラインクラス「CLASS101」を運営するクラス101は、日本全国の15歳~69歳男女1000人を対象に「この春、新たに始めたい習い事」についてのアンケートを実施しました。

オンラインクラス「CLASS101」を運営するクラス101は、日本全国15~69歳の男女1000人を対象に行った「この春、新たに始めたい習い事」に関するアンケート調査結果を発表しました。新型コロナウイルス感染拡大を受け、習い事を始めたい意欲や希望する講座にはどのような変化があったのでしょうか。
 

新たに習い事を始めたい人の割合は5割。始めたい習い事は?

この春、新たに習い事を始めたい人は約5割。性年代別で見ると、男性の20代が著しく高い結果となりました。また、女性は10~30代においてより新しいことにチャレンジしたいという意欲の高さが表れる結果となりました。

新たに始めたい習い事

新たに始めたい習い事は、料理、音楽、アート・クラフトなどの「趣味」が1位。2位は「外国語」、3位はヨガ・フィットネス・運動全般といった「スポーツ」が上位にランクインしました。性別にみると、男性は「外国語」に関心が高い一方で、女性は「趣味」に対して高い関心を持っていることが判明しました。
 

新たに習い事を始めたい理由とは

新たに習い事を始めたい理由

習い事を始めたい理由としては、「スキルを伸ばしたい」が最も多く、次いで「何か新しいことや気になっていたことをやってみたい」「好きなことに没頭したい、本格的にやりたい」が続きました。新型コロナによる長引く自粛生活によって「家の中で楽しめる趣味」や「子供と一緒に楽しめるもの」など、おうち生活やライフスタイルを充実させたい需要が高いようです。
 

オフラインとオンラインどちらを希望するか、その理由とは

コロナ感染拡大以前においては、習い事は通塾するなどのオフラインレッスンが主体となっていました。それが今回の調査では、「オフラインレッスンで受けたい」と回答した方が31.0%であったのに対して、「オンラインレッスンで受けたい」と回答した方は28.4%と、ほぼ差のない結果となりました。さまざまな分野でオフラインからオンラインへ乗り出したことから、オンラインへの興味や認知が向上していったことが分かります。

オフラインでやりたい理由

オフラインレッスンでやりたいと答えた方は、「講師と対面で習いたい」、「細かく指導してもらえる」と、対面ならではのきめ細かな指導を望む声が多いかったです。また、講師やメンバーとコミュニケーションをとりながら受講したい意向が強く反映されました。一方、オンラインレッスンを希望する方は、「自宅でできる」「コロナ感染を気にしなくてよい」「通塾時間を節約できる」という自宅で気兼ねなくレッスンをうけられる点が高評価となりました。

オンラインでやりたい理由

1カ月に払ってもよいレッスン費用とは

1カ月に払ってもよいレッスン費用

習い事を新たに始める際に、一番気になる点は圧倒的に「費用」という結果になりました。費用が気になる方の中では、1カ月に払ってもよいレッスン費用については「3000~5000円」が一番のボリュームゾーンで、「1万円まで」が妥当な費用感という結果になりました。


【おすすめ記事】

コロナ禍で2人に1人が引越しの意向あり! 転居時に買ったもの1位は?

東大生は早くからこれを経験している! 1000人に聞いた幼少期の体験

貯金額「1000万円以上」の割合は? 年代別みんなのリアルな貯金額

春休みに「頭のいい子」を育てられる!? 栄光が「春の特別講座」開講

「子どもがなりたい職業」にもコロナ影響!? 1位はYouTuberではなく…

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」