春先取り! 無印の繰り返し使えるマスクに爽やかなチェック柄が登場

マスクをつけた生活が当たり前になる中、マスクを楽しむ人もたくさんいます。不織布のマスクは容易に手に入りますし、値段も下がってきているのですが、あえて布マスクをする人も多いですよね。何を隠そう筆者もその1人。可愛い柄があるとついつい買ってしまう、マスクコレクターに近くなっています。そんな筆者が使っているマスクの1つが、無印(無印良品)の洗って使えるマスク。このシリーズから、なんとも爽やかな柄が出ていました。

無印のマスク(筆者撮影)

マスクをつける生活が当たり前になる中、マスクの柄や素材を楽しむ人もたくさんいます。不織布のマスクは容易に手に入りますし、値段も下がってきているのですが、あえて布マスクをする人も多いですよね。

何を隠そう筆者もその1人。可愛い柄があるとついつい買ってしまう、マスクコレクターに近くなっています。そんな筆者が使っているマスクの1つが、無印(無印良品)の洗って使えるマスク。このシリーズから、なんとも爽やかな柄が出ていました。
 

細かい縦縞でシャツのような柄のマスク

オックス素材のマスク(筆者撮影)

無印から発売になったマスクは、繰り返し使える三層マスクです。筆者がお店で買うことができた柄は2種類でした。まずは素材がオックスで細かい縦縞になっているマスク。シャツに使われるような感じで、定番の柄かもしれません。綿100%で使われている綿はオーガニックコットンです。

裏側はガーゼのよう(筆者撮影)


裏側はガーゼのようになっていました。もちろんノーズワイヤー入りです。2枚セットで999円(税込、以下同)で、1枚あたり約500円。洗濯耐久性が60回(手洗いの場合)なので、1回あたり10円を切る計算です。
 

夏をイメージさせるような爽やかチェック

チェック柄のマスク(筆者撮影)

筆者はチェック柄が好きなので、このマスクを見つけた時には迷わずにカゴに入れました。しかもネイビーという、すごく爽やかで上品な色合いです。夏を先取りしたような印象もあるのですが、ネイビーなら季節を問わないかもしれませんね。素材はブロードで、こちらもシャツに使われるような生地です。

裏はガーゼ(筆者撮影)

オックス素材のマスク同様、裏地はガーゼのような生地です。ノーズワイヤーが入っているので、鼻にぴったりとくっつきます。値段も2枚で999円で60回の洗濯耐久性があり。この柄といい素材といい、1枚500円はかなりコスパがいいなと思いました。


無印のマスクは呼吸がしやすくて、受験生の子どもも愛用していたくらいです。今回のマスクも同じで、呼吸に支障はありませんでした。マスクをすれば100%完全予防になり安心できるわけではないのですが、抗菌加工が施してあるのは安心感をもたらしてくれます。季節の変わり目でもあるので、マスクも冬から春に変えるのもおすすめです。

【おすすめ記事】

部屋干し時のハンガー傾き問題を解決! 無印の壁用ハンガーが優秀

中国でも人気! 現地の無印良品ファンが選ぶ、売れ筋商品ベスト5

無印で買える「さくら」のお菓子が人気! コスパ抜群おすすめ5選

賞味期限別!「無印良品」のおいしいのに備蓄もできる人気食品7選

やっぱり春に食べたい! 無印のお得な定番いちごお菓子5選

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『魔女の宅急便』のマックのCMにそっくり? 映画『化け猫あんずちゃん』のかわいいだけじゃない魅力

  • アラサーが考える恋愛とお金

    子を持たない=キャリア志向と思われる日本社会。少子化対策が「全ての働く女性」に向けられる息苦しさ

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「インフラ、コンビニ、自動販売機」留学中の20代ロシア人男性が感じる、“日本ならでは”の特徴

  • どうする学校?どうなの保護者?

    「PTAがないと保護者は学校や行政に要望できない」はホント? 思い込みが要望の実現を妨げる例も