まさかの濃さにびっくり! カルディの抹茶スイーツ3選

「和」とイメージさせる味の1つ抹茶は、あの苦味が最高に美味しいと感じています。そのまま抹茶として飲むこともありますが、スイーツにもよく使われますよね。人気のお店カルディでも抹茶を使ったスイーツがお目見していますよ。

カルディの抹茶シリーズ(筆者撮影)

「和」をイメージさせる抹茶は、あの苦味が最高に美味しいのですが、苦手とする人もいますよね。筆者もそうでした。子どもの頃には抹茶が飲めず、父がよく抹茶を茶道でたてていたのですが、泡が美味しそうに見えるものの、実際には苦くて苦くて。それが大人になり、今ではすっかり多少の苦味では満足できないくらいになってしまいましたね。

そんな抹茶ですが、抹茶として飲むのはもちろん、スイーツにもよく使われますよね。人気のお店カルディコーヒーファーム(以下、カルディ)でも抹茶を使ったスイーツがお目見していますよ。お手頃価格で買えて美味しいおすすめを3つ紹介します。
 

1. 北海道焼きドーナツ 抹茶小豆

北海道焼きドーナツ 抹茶小豆(筆者撮影)


カルディの和の食材を担当している「もへじ」のスイーツです。抹茶味の焼きドーナツです。揚げドーナツではないので、油っぽさはありません。そして小豆がトッピングされていて、抹茶の味もしっかりします。

小豆がトッピング(筆者撮影)
けっこうしっとりしている(筆者撮影)

欲を言うならば、ドーナツに抹茶がかかっていたら最高なのですが、このあたりは抹茶感をどう出していくかの微妙な問題なのだと思いました。もしリニューアルされるならば、抹茶かけをお願いしたいです。お値段は127円(税込)です。
 

2. 濃厚抹茶ショコラ

濃厚抹茶ショコラ(筆者撮影)


商品名に「濃厚」とあるので、まさに濃厚な抹茶のショコラです。ブライニーのような感じですね。

ブラウニーのような感じ(筆者撮影)

しっかりとした抹茶の味があるので、コーヒーや緑茶と合いそうです。こちらも欲を言えば、もうちょっと大きくてもいいかなと。一気に食べてしまいそうになるサイズなのです。お値段は149円(税込)です。
 

3. 抹茶あずきチョコ

抹茶あすきチョコ(筆者撮影)


小豆の甘納豆とホワイトチョコで包み、さらに抹茶パウダーがかかっています。すごく苦いというわけではないのですが、抹茶のふんわりとした味わいがあります。最初に見た時には、中心にあるのが大豆や落花生なのかなと思ったので、わりとポリポリした食感なのかなと考えたのですが、比較的柔らかい感じです。

意外と小粒(筆者撮影)

あずきチョコはシリーズ化されていて、他にもさくらが販売されていました。お値段は143円(税込)です。
 

抹茶はほろ苦くて大人の味という印象ですが、スイーツになると年齢に関係ない味になってくると思います。カルディの抹茶シリーズも苦味がある中でも食べやすくなっているので、家族みんなで堪能してみてはいかがでしょうか。

【おすすめ記事】

どうして注目しない!? カルディでコスパがいいのはバッグという事実

可愛くて映えること間違いなし! カルディのお得な苺スイーツ5選

リピ買いしたいカルディのお得な桜スイーツ5選

ようやくゲットしたカルディのレア商品「カズチー」。早速食べてみた

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • アラサーが考える恋愛とお金

    子を持たない=キャリア志向と思われる日本社会。少子化対策が「全ての働く女性」に向けられる息苦しさ

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『キングダム 大将軍の帰還』は大沢たかおがMVP。それでも、さすがに気になる“テンポの鈍重さ”

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「インフラ、コンビニ、自動販売機」留学中の20代ロシア人男性が感じる、“日本ならでは”の特徴

  • どうする学校?どうなの保護者?

    「PTAがないと保護者は学校や行政に要望できない」はホント? 思い込みが要望の実現を妨げる例も