2月22日、Jリーグ開幕。今シーズンオフはヴィッセル神戸がビッグマネーを投資してビジャを獲得するなど例年以上に話題が多かったが、そんなシーズンオフの楽しみの1つが順位予想だ。大手スポーツ紙では専門家が、ネット上でも多くのファンが自分なりの予想をしていた。

 

2019 Jリーグ キックオフカンファレンスに登壇したJ1チームの選手たち(写真:松尾/アフロスポーツ)



しかし、試合を実際に見ないとわからないことだらけなのがサッカー。そこで、お金はないが時間だけはあるサッカー大好き若手芸人の筆者が第1節を全試合見た上での今季注目のチームを紹介したい。
 

開幕戦のベストチームは?

開幕戦に限って言えばベストチームは横浜F・マリノスかもしれない。昨シーズンから取り組んできたリスク上等の超攻撃的サッカーがついにチームに浸透した印象だ。

特に新加入の三好康児がチームに与える影響が大きい。4-3-3の布陣のインサイドハーフと呼ばれる中盤前目に位置した三好は、マリノスのパスサッカーにすでに適応。また、得意のドリブルで攻撃に変化を加え、その創造性を遺憾なく発揮している。

ディフェンスラインが異様なほど高いが故に背後に広大なスペースが空くリスクは相変わらず高いが、全体としても高い位置を取っているため、前からのプレスで相手のガンバ大阪にボールを運ばせなかった。
 

唯一大勝したのは名古屋グランパスのみ

開幕戦は9試合中4試合が引き分け。さらに3試合が1点差と、今季も混戦が予想されるJ1。そんな中、唯一4-0の大勝で初陣を飾ったのが名古屋グランパスだ。

相手のサガン鳥栖が悪かったわけではない。先制されるまでは固い守りから、元スペイン代表のフェルナンドトーレスを中心に鋭いカウンターを繰り出しており、こちらも可能性を感じさせていた。

しかし、名古屋は磨きあげてきた風間八宏監督の標榜する攻撃サッカーで崩してみせた。昨季リーグ得点王のジョー、昨シーズン大学生ながら強化指定選手として活躍した相馬勇紀ら攻撃陣の破壊力は相変わらず抜群。

さらにいい意味で予想外だったのが、守備に定評のある米本拓司とゲームメーカーのジョアン・シミッチの、共に新加入のダブルボランチ。個々の力、補完性ともに素晴らしいクオリティだった。

他の優勝候補と違いAFCチャンピオンズリーグがない分、スケジュール的負担も小さい。風間体制3年目でいよいよタイトルを本格的に狙うシーズンになるか、注目したい。
 

降格候補はダークホース候補?

J2を2位で突破して昇格してきたことや、選手の実績を見ても前評判はそこまで高くなかった大分トリニータ。この大分をダークホースの候補にあげたい。

昨季、J2で最多得点をあげて2位で昇格した大分だが、一昨年は3部リーグにあたるJ3で戦っていた。チームの中心ストライカーは、開幕戦で2ゴールをあげた藤本憲明。大卒でアマチュアであるJFLの佐川印刷SCから始まり、7年の歳月を経てこのJ1のステージに上り詰めた選手だ。高山薫を除いたスタメン全員、シーズンを通してJ1で過ごしたことがなく、J1通算得点は全員分の合計で1点だけ。J2やそれ以下のカテゴリーで経験を積んだ選手は少なくない。

第1節ではアジア王者鹿島アントラーズを相手に堂々たる戦いで、2-1で勝利。鹿島が猛然と仕掛けてきた前線からのプレスを、臆する事なく真っ向からショートパスでかわしてみせた。守備においても攻撃的なサイドアタッカーを次々と投入してきた鹿島に対し、大分は一対一でしっかりと抑えた。大分の右サイドを務めた松本怜も2年前はJ3でプレーしていた選手だが、個でも戦えること示した。

体力的な負担の大きい夏場さえ超えればダークホースになる可能性は大いにあるだろう。
 

順位予想は不可能

ここまで注目のチームをあげてきたが、各チームの力はかなり拮抗している。まだ仕上がりきっていないことを感じさせた浦和レッズやガンバ大阪も、それぞれ武藤雄樹や今野泰幸ら怪我人が復帰すればポジティブな変化が起こるだろう。サガン鳥栖も元バルセロナのイサッククエンカが開幕戦には出場していない。

この辺りの登場でリーグの勢力図が一気に変わる可能性が秘めている。今季もシーズン通して見逃せない戦いになりそうだ。