平成最後のシーズンを振り返る!

平成最後の年として何かと話題になった2018年。プロ野球界でも例外ではなく、各チームとも「平成最後の日本一」の称号を目指し、戦い抜いてきました。激しいシーズンを終えて、数多くのトピックスが誕生。プロ野球ファンにとって忘れ得ないシーズンになったといっても過言ではないでしょう。

そこで、2018年のプロ野球界で起こった出来事を5つに厳選して紹介します。
 

2018年野球界5大ニュースその1:福岡ソフトバンクホークス連覇達成

圧倒的な戦力を背景に、日本一連覇の筆頭候補と目されて開幕を迎えた今季のソフトバンク。しかし、いざシーズンが始まると、なかなかベストメンバーが揃わずに苦戦しました。結果的に強力打線を擁した西武の前に敗れシーズン成績は2位に終わりました。

日本一を達成するにはクライマックスシリーズの勝ち上がりが必須となりましたが、短期決戦の采配に定評がある工藤公康が指揮を執ったことでソフトバンクはペナント王者の西武を逆転。見事日本シリーズへ進出します。

返す刀で迎えたセ・リーグの王者・広島を4勝1敗で下して見事に2年連続の日本一を達成。日本シリーズMVPに選ばれた甲斐拓也の強肩は「甲斐キャノン」と称され話題になりました。

ちなみにソフトバンクの平成30年間における日本一回数はダイエー時代を含めて7度目。昨年まで1位タイで並んでいた巨人を抜いて単独首位に躍り出ました。
 

2018年野球界5大ニュースその2:広島カープのリーグ3連覇達成

日本代表としても活躍していた丸佳浩(写真:AP/アフロ)


日本シリーズでは全く歯が立たなかったものの、セ・リーグでダントツの強さを見せたのが広島カープです。2位に10ゲーム差を付けた昨シーズンと比べるとやや取りこぼす面が目立ちましたが、大瀬良大地は最多勝を獲得してエースとして成長。また、丸佳浩を軸に威力抜群の打線は今季も好調。投打ともに圧倒する形で見事にリーグ3連覇を達成しました。

セ・リーグの3連覇は巨人以外に達成したことがないだけに、広島の黄金時代到来を強く印象付けましたが、シーズン終了後には2年連続でリーグMVPに輝いた打線の核である丸が巨人へFA移籍。来季はどうなるか注目が集まります。
 

2018年野球界5大ニュースその3:リクエスト制度導入

今季のプロ野球開幕前に最も話題になったと言えるのがリクエスト制度。審判の判定に不服がある際にビデオ確認を依頼できるシステムで、1試合に付き各チーム2度ずつ権利が与えられます。これまで審判の目視のみに頼っていた判定が覆るケースも多く、より公正なジャッジが行われるようになりました。

ちなみに今季はレギュラーシーズン中、成功率は32.8%。ただ判定がより正確になる一方で、その検証方法や試合時間が延びる原因になるなどの課題も残しました。来季に向けてどう改善されるのでしょうか。
 

2018年野球界5大ニュースその4:史上最年少の3割30本塁打100打点到達

毎年、イキのいい若手選手が台頭するプロ野球界ですが、今季最大のブレイクを果たしたのは巨人の岡本和真を置いてほかにいません。

今季4年目となる岡本はオープン戦で打点王に輝く活躍を見せてシーズンに突入すると、安定した打撃を披露。6月以降は4番打者としてチームを牽引するようになりました。そしてシーズン最終戦で長距離打者の証と言える「3割30本塁打100打点以上」を達成。22歳での達成は史上最年少でした。新たに指揮を執る原辰徳監督も、来季の4番は岡本を起用することを明言するほど、高い信頼を寄せています。
 

2018年野球界5大ニュースその5:松坂大輔の復活

横浜高校時代に平成の怪物と称され、話題になった松坂大輔。プロ入り後もその期待に応えるように活躍していましたが、近年は故障がちでソフトバンクに在籍した3年は勝ち星をあげられませんでした。不本意な成績しか残せず、昨年オフにソフトバンクを去ることになりました。

もう終わった選手という声も挙がる中で中日へテスト入団という形で移籍すると、6勝をマーク。ファン投票で選出されたオールスター第1戦目では先発を任されるほどの活躍を見せました。

150キロを超えるストレートを投じることはなくなりましたが、長年の経験を駆使して打ち取る技巧派へとシフトチェンジ。カムバック賞を獲得するなど完全復活を印象付けました。
 

2019年はどんなシーズンになる?

いかがでしたか? 華々しい成績を上げたチームもあれば、意外な選手の復活劇など話題に事欠かなかった2018年のプロ野球界。来季はどんなシーズンになるか……今から待ち遠しいですね。