実力&個性派俳優が活躍!秋の夜長に至極の演技が楽しめるドラマ

実力派俳優が満を持しての主演、50代ベテラン勢の活躍など秋のドラマは、とにかく粒ぞろい。どの作品も「見たい!」と思わせる完成度を感じさせる。おうちドラマで、秋の夜長は楽しめそうだ。

今シーズンのドラマは実力派の演技を堪能できる注目作が目白押し。前回の記事で紹介した高畑充希、蒼井優や岡田将生、演技派の若い俳優たちが主演する作品以外にも、盛りだくさん。秋の夜長は、俳優たちの至極の演技を堪能してみては?
 

日本の朝を明るく照らす!安藤サクラとトゥラッタッタ
『まんぷく』/月〜土 あさ8時 NHK

『NHK連続テレビ小説 まんぷく 上』/出典:Amazon

インスタントラーメンをつくった夫婦の物語『まんぷく』の主人公を演じるのは、朝ドラ初のママヒロイン・安藤サクラ。

背中で演じる俳優は多いものの、背中で演じきる女優はそうそういない。映画『百円の恋』では、ツッカケですっ転ぶダメっぷり満開の背中と、闘志みなぎるボクサーの背中に驚いたが、『まんぷく』のオープニングでは、海に向かうピュアな18歳の軽やかな背中を見せてくれる。

クラシカルなホテル、映画館、セットや衣裳を観ているだけでも楽しめる昭和の風景は必見。紆余曲折を繰り返しながら、泣いて笑って前へ進む人間の生きるチカラは朝ドラならではの爽快さだ。胸躍る朝がはじまった。
 

日ごろのギスギスから抜け出そう!不思議大好き 高橋一生
『僕らは奇跡でできてる』火曜よる9時 カンテレ・フジテレビ系

『僕らは奇跡でできている SPECIAL BOOK』/出典:Amazon

キャンパスを舞台にしているが恋愛ドラマではない。ありそうでなかった作品である。

主人公の大学講師を演じるのは民放ゴールデン・プライム(19時~23時)初主演の高橋一生。『相棒』では連続殺人犯に魅せられ、犯罪に手を染める精神科の助手の狂気を、『民王』では、総理大臣のまじめすぎる有能な秘書を茶目っ気まじりでクールに熱演。そんなクセ男を演じる名手が、今回演じるのは、マイペース&スローペースな動物行動学の研究者である。

彼からこぼれる言葉は新鮮、第1話から私たちの心に新しい何かが生まれている。
 

復讐こそが最高の舞台 冷酷と優しさと 山口紗弥加
『ブラックスキャンダル』/木曜よる11:59  読売テレビ 日本テレビ系

『ブラックスキャンダル』/出典:Amazon

仕組まれたスキャンダルで芸能界から追放された、主人公・八神亜梨沙が、顔を変えて挑む復讐劇。

『モンテ・クリスト伯-華麗なる復讐-』では、遺産目当てで殺人を繰り返す母親の狂気を大胆に演じ、『絶対零度』では、クールでキレのある刑事を演じた山口紗弥加が、この作品で初主演する。復讐の激しさと芝居への想いの深さ、いくつもの顔を演じられるのはだからこそ。

整形前の女優時代を松本まりか、現在トップとして活躍し八神を慕う人気女優に松井玲奈、2人の奇々怪々な演技にも注目したい。
 

唐沢寿明、織田裕二、佐々木蔵之介
50代のベテラン勢が魅せる演技はやっぱり素敵!

『ハラスメント ゲーム』単行本/出典:Amazon

テレビ東京開局55周年特別企画となる『ハラスメント ゲーム』。井上由美子の脚本が生き、言葉を真っすぐに届ける唐沢寿明が組織にメスを入れる痛快劇だ。

全米メガヒットドラマの日本版『SUITS/スーツ』(月9)では主人公の敏腕弁護士役で織田裕二が好演。映像、音楽、洗練された演出と海外ドラマのテンポに織田裕二のコミカル&凛とした演技がマッチし、安心して楽しめる。

弘兼憲史原作の大人の切ないラブストーリー『黄昏流星群』では、左遷された銀行員を佐々木蔵之介が主演。人生の岐路に立つ大人世代の心模様をていねいに、そして熱く演じている。

刑事ドラマ、恋愛ドラマ、仕事ドラマなど、バラエティに富んだ秋ドラマは、どの作品にも制作陣の本気度を感じる贅沢さ。忙しい夜が続きそうだ。
 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 「婚活」の落とし穴

    「年の差婚」の限界点……男性40代×女性20代は結婚相談所でも0.5%のスーパーレア案件だった!

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在