2018年の秋ドラマは話題作がたくさん。待ち遠しかったあのドラマが帰って来たり、注目の脚本家による新作がスタートしたり……。特別なシーズンをぜひ楽しんでください。
 

佃製作所の挑戦が、はじまる!
『下町ロケット』/TBS系 日曜よる9時

原作は『下町ロケット ゴースト』/出典:Amazon

2015年日本中で盛り上がった『下町ロケット』の続編。市場の変化でふたたび窮地に陥る技術の佃製作所が見出す活路、そこでの歩みが描かれます。天才エンジニアを演じるイモトアヤコ、帝国重工の新勢力となる神田正輝なども加わり、さらに骨太に力強く夢の続きを楽しめそうです。
 

脚本・野木亜紀子!新垣結衣×松田龍平のW主演
『獣になれない私たち』/日本テレビ系 よる10時

『アンナチュラル』『空飛ぶ広報室』と等身大の働く女性を感性豊かに描く野木亜紀子のオリジナル脚本、『獣になれない私たち』。キャリアウーマンの新海晶(新垣結衣)とクールな視点で人生をとらえる会計士の根元恒星(松田龍平)のラブコメディです。

頑張っているのに、なんだかうまくいかない、現代を生きる働く男女のリアルが映される本作。本能のままに生きられないもどかしさに、胸がキュンキュンしそうです。
 

スカッと痛快!『ドクターX』シリーズ枠の新ドラマ
『リーガルV~元弁護士・小島遊翔子~』/テレビ朝日系 木曜よる9時

京極法律事務所の管理人という立場で世の中にビシバシとメスを入れるだろう小鳥遊翔子(米倉涼子)がヒロイン。脚本は『ショムニ』シリーズや 『LEADERS リーダーズ』の橋本裕志です。

林遣都、勝村政信、荒川良々、三浦翔平、安達祐実、高橋秀樹とワケありメンバーが集った京極法律事務所と向井理、菜々緒、小日向文世といった敏腕ぞろいのFelix & Temma法律事務所による重厚な法廷劇には、エンターテインメントの醍醐味がギュッと詰め込まれスカッと楽しめそうです。
 

食べる!そして奮闘する!あのサチコが帰って来る!
『忘却のサチコ』/テレビ東京系 金曜日深夜0時12分

今年1月2日に放送された『忘却のサチコ』/出典:Amazon

2018年を明るくスタートさせてくれた『忘却のサチコ』が連続ドラマで帰ってきます。個性的過ぎてちょっと極端、まっすぐすぎる編集者の佐々木幸子を演じるのは高畑充希。

プッと吹き出しながらも、仕事に取り組むサチコの姿に学びたいところはたくさん。サチコに負けない個性派ぞろいの編集部や、穏やかでやさしい編集長を演じる吹越満が新鮮です。
 

3人目の特命係が登場!波乱の予感が止まらない17年目
『相棒season17』/テレビ朝日系 水曜 よる9時

『相棒16』より/出典:Amazon

特命係で4年目を迎える冠木亘(反町隆史)とseason16の最終回で着任が決まった青木年男(浅利陽介)、そして杉下右京(水谷豊)との不協和音に胸騒ぎがする新章。上層部の権力闘争、罠、陰謀が、相棒ならではの社会性、哲学、そして毒をもって描かれます。
 

満を持しての実力派が主演&若い演技が爆発 さらに期待のドラマが!

『昭和元禄落語心中』/出典:Amazon

その他にも、日曜の夜を笑わせる賀来賢人主演の『今日から俺は!!』や、時代の粋と言葉の粋に魅了される人気マンガが原作の『昭和元禄落語心中』(岡田将生主演/NHK)など、若い演技も期待大。俳優の演技論に迫り、マンガの実写化を体験できるドキュメンタリードラマ『このマンガがすごい!』(テレビ東京系)のナビゲーターは蒼井優、こちらも見逃せません。