明治維新から150周年! 横浜発祥のメニューを楽しもう

2018年は明治維新から150周年という節目の年。異国との玄関口だった横浜には、発祥とされるものが多くある。その一つが「牛鍋」。明治時代に創業した「太田なわのれん」「じゃのめや」「荒井屋」の3軒が、当時の味をいまに受け継いでいる。また、洋食の代名詞ともいえるメニュー「ナポリタン」も横浜が発祥とされる。横浜が誇るクラシックホテルである、ホテルニューグランドで考案された。

横浜発祥メニュー「牛鍋」がブッフェスタイルで楽しめる、横浜ベイホテル東急の「ナイト・キッチンスタジアム 神奈川 横濱ハイカラフェア」(画像提供:横浜ベイホテル東急)
横浜発祥メニュー「牛鍋」がブッフェスタイルで楽しめる、横浜ベイホテル東急の「ナイト・キッチンスタジアム 神奈川 横濱ハイカラフェア」(画像提供:横浜ベイホテル東急)


そんな横浜発祥メニューが一度に味わえるディナーブッフェが、横浜ベイホテル東急「カフェ トスカ」で2018年6月4日(月)からスタートした。「ナイト・キッチンスタジアム 神奈川 横濱ハイカラフェア」では、「横濱ハイカラ」をテーマに、文明開化の港町・横浜から広まった洋食メニューに加え、神奈川県内の生産者が高い志を持って育んだ食材を使ったメニューがブッフェ形式で楽しめる。7月22日(日)まで。
 

「ハイカラ」な洋食メニューの数々をトスカスタイルで

「ハマっこ」小川シェフが横浜発祥のハイカラメニューの数々をブッフェスタイルで提供(2018年6月6日撮影)
「ハマっこ」小川シェフが横浜発祥のハイカラメニューの数々をブッフェスタイルで提供(2018年6月6日撮影)

カフェトスカの小川勝哉シェフは、横浜生まれということで、横浜・神奈川をテーマにしたフェアは今回で10回目となる。小川シェフは、横浜市内はもちろん、神奈川県内の生産地に足を運び、多くの地元食材に接してきた。今回は「食」だけではなく「文化」にも着目し、横浜発祥メニューや昔懐かしい洋食メニューを、ホテルならではの「トスカスタイル」で提供する。

神奈川県産の牛肉を使った「牛鍋」は、半熟卵にからめて食べるトスカスタイルで(2018年6月6日撮影)

神奈川県産の牛肉を使った「牛鍋」は、半熟卵にからめて食べるトスカスタイルで(2018年6月6日撮影)
神奈川県産の牛肉を使った「牛鍋」は、半熟卵にからめて食べるトスカスタイルで(2018年6月6日撮影)

牛鍋と同じく明治時代に広まった「ビフテキ」。シェフが目の前で焼き上げる(2018年6月6日撮影)
牛鍋と同じく明治時代に広まった「ビフテキ」。シェフが目の前で焼き上げる(2018年6月6日撮影)


横浜で初めて製造されたといわれるトマトケチャップをふんだんに使用した「ナポリタン」と「オムライス」、神奈川県産牛肉を使った「牛鍋」は、目の前でシェフが仕上げるアクションコーナーで提供。

日本で初めて、横浜で製造されたケチャップを復刻した「清水屋ケチャップ」をたっぷりと使用した、ナポリタンとオムライス(2018年6月6日撮影)
日本で初めて、横浜で製造されたケチャップを復刻した「清水屋ケチャップ」をたっぷりと使用した、ナポリタンとオムライス(2018年6月6日撮影)

このほか、三崎マグロの中落ちをぜいたくに楽しめる「三崎マグロの中落ち“はまぐり削りだし”スタイル」や、海苔の芳ばしい香りがアクセントの「つた金海苔店」の焼きバラ海苔をふりかけた“パルミジャーノ レッジャーノ”で作るリゾットなど、横浜をはじめとする神奈川産の食材をふんだんに使ったメニューがずらりと並ぶ。

ベジタブルマイスター・小山さんおすすめ野菜~ベジタブルマーケットスタイル~コーナー。神奈川県産野菜をたっぷりと楽しめる(2018年6月6日撮影)
ベジタブルマイスター・小山さんおすすめ野菜~ベジタブルマーケットスタイル~コーナー。神奈川県産野菜をたっぷりと楽しめる(2018年6月6日撮影)
お魚マイスター・嘉山さんおすすめの神奈川県産お魚のマリネや“ハイカラ”カツサンド トスカスタイルなど、横浜をはじめ神奈川県産の食材を使った冷製コーナー(2018年6月6日撮影)
お魚マイスター・嘉山さんおすすめの神奈川県産お魚のマリネや“ハイカラ”カツサンド トスカスタイルなど、横浜をはじめ神奈川県産の食材を使った冷製コーナー(2018年6月6日撮影)
デザートコーナーでは、足柄茶を使ったシフォンケーキや「きんたろう牛乳」を使用したパンナコッタ、横浜クラシックモカブレンドを使用したティラミスなどが味わえる(2018年6月6日撮影)
デザートコーナーでは、足柄茶を使ったシフォンケーキや「きんたろう牛乳」を使用したパンナコッタ、ヨコハマクラシックモカブレンドを使用したティラミス、神奈川県産卵を使ったプリンなどが味わえる(2018年6月6日撮影)

 

一夜限りのスペシャルメニューが登場する「横濱ハイカライベント」開催

神奈川県の生産者や横浜に所縁のあるゲストが登場する「横濱ハイカライベント」が1日限りで開催。食と文化のトークショーをはじめ、希少な「ふじさわ生豚(なまはむ)」や「ちがさき牛」などを使用したスペシャルメニューや本牧生まれの四角いピザ「HONMOKU PIZZA」も登場。通常と同料金(大人6800円)なので、予約はお早めに。開催日は、2018年6月30日(土)17:00~/19:30~(二部制)。


「横浜で生まれた洋食メニューを、現代の食材で作るとどうなるか、ということを念頭にメニューを考えました。ついつい食べたくなる“ハイカラ”な味わい、時代背景なども含めた食文化を体感いただくことで、お客様にワクワクしていただけるような、新たなブッフェスタイルを目指しました。神奈川県産の新鮮な食材を使っていますので、ぜひお楽しみください」と、小川シェフは自信を持ってすすめる。

■ナイト・キッチンスタジアム 神奈川 横濱ハイカラフェア
期間:2018年6月4日(月)~7月22日(日)
場所:横浜ベイホテル東急 2階オールデイダイニング「カフェ トスカ」
時間:平日17:30~/20:00~ 土日祝17:00~(2時間、土・日・祝日及びホテル特定日は2部制)
※一夜限りのスペシャルイベントは6月30日(土)
料金:月曜~金曜 5800円 土・日曜・祝日 6800円、小学生2950円(全日)、4歳~未就学児1200円(全日)※いずれも税・サ料込
予約・問い合わせ:045-682-2255(10:00~21:00)
※事情により予告なく変更になることもあり
協力:神奈川県、かながわブランド振興協議会、かながわ畜産ブランド推進協議会
URL:カフェ トスカ https://ybht.co.jp/restaurant/cafe_tosca.php

<メニュー例>
■アクションコーナー
神奈川県産牛「牛鍋」トスカスタイル
“ハイカラ”ビフテキ トスカスタイル
“ハイカラ”ナポリタン トスカスタイル
“ハイカラ”オムライス トスカスタイル
三崎マグロの中落ち“はまぐり削り出し”スタイル

■サイドアクションコーナー
トスカ“ベジタブルマスター”小山さんおすすめ野菜 ~ベジタブルマーケットスタイル~
神奈川・横浜近郊野菜のミニッツ“しゃぶしゃぶ”スタイル
神奈川・横浜近郊野菜のバーニャカウダースタイル

■冷製料理
“ハイカラ”コンビーフと小田原“しもなかたまねぎ” のアミューズ風
“ハイカラ”カツサンド トスカスタイル
トスカ“お魚マイスター”嘉山さんおすすめ 神奈川県産お魚のマリネ
三浦半島産 天草のテリーヌ風オリーブオイルフレーバー
平塚・吉川さんのガーキン胡瓜と横浜近郊野菜のライトグレッグ風
神奈川県産 トマトとグリーンオリーブのマリネ
“千歳屋の豆腐”のサラダ オリーブオイル風味
たねとファーム 川合さんのタイニーシュシュのシーザーサラダ風

■温製料理
トスカ“お魚マイスター”嘉山さんおすすめ 三浦半島水揚げ お魚料理
“パルミジャーノ レッジャーノ”で作る「つた金海苔店」の焼きバラ海苔のリゾット
神奈川県産 湘南ポークの“しゃぶしゃぶ”スタイル 寒川町・大柳さんのおかひじきと共に
セイロ蒸し上げ“シューマイ” トスカスタイル
神奈川・横浜近郊ベジタブルのオーブン焼きチーズフレーバー
フィッシュスープ トスカスタイル
トスカ風ミネストローネ
オニオンカレー
トスカスタイル窯焼きピッツア

■デザート
足柄茶シフォン
ヨコハマクラシックモカブレンドコーヒーを使用したティラミス トカスタイル
きんたろう牛乳を使用したパンナコッタ
神奈川県産卵を使用したプリン
フルーツ各種
コーヒー、紅茶 ほか

【関連記事】
ニューグランド伝統の味が3段に!90周年記念アフタヌーンティー登場
横浜の海に近いホテルで楽しむ「フローラルアフタヌーンティー」