史上最高のメンバーが結集。第23回NHKマイルC出走予定馬をチェック!

5月6日(日)に開催される第23回NHKマイルC。毎年出走馬が小粒になりがちの中で今年は最終登録の時点で22頭の馬がエントリーし、有力馬が多数揃ったため戦前から「史上最高のメンバー」と注目を集めています。その中で注目馬をピックアップしました。

府中G1レース5連発の第1弾は粒揃いのメンバーに!

ゴールデンウィークとともに始まるのが、東京競馬場で開催される春のG1レース。5戦連続で行われるため、この時期の毎週日曜日は東京競馬場に数多くの競馬ファンが来場します。
 

そんな府中G1レース5連発の第1弾を飾るのが、5月6日(日)に開催されるNHKマイルC。かつてはクラシックレースへの出走権がなかった外国産馬がこぞって目指したレースだけに「外国産馬のダービー」と呼ばれていました。しかし、外国産馬にもクラシックレースへの門戸が開かれると次第にその価値は薄れていき、G1レースらしからぬメンバーとなる年もありました。
 

ただ、今年は最終登録の段階で重賞勝ち馬が多く、さらに例年出走が少ない牝馬も集まるという一戦に。コアな競馬ファンの中では「いつになく粒揃い」「史上最高のメンバー」と称されています。
 

◆NHKマイルC最終登録馬

馬名 性齢  主な実績 備考
アイスフィヨルド 牡3 2018年3歳500万下 除外対象
アルジャーノン 牡3 2018年3歳500万下 除外対象
アンコールプリュ 牝3 2018年フィリーズレビュー2着
カシアス 牡3 2017年函館2歳S
カツジ 牡3 2018年ニュージーランドT 優先出走権
ギベオン 牡3 2018年毎日杯2着
ケイアイノーテック 牡3 2018年ニュージーランドT2着 優先出走権 
ダノンスマッシュ 牡3 2017年もみじS
タワーオブロンドン 牡3 2018年アーリントンC 優先出走権
テトラドラクマ 牝3 2018年クイーンC
デルタバローズ 牡3 2018年ニュージーランドT3着 優先出走権
トーセンブレス 牡3 2018年フラワーC2着
パクスアメリカーナ 牡3 2018年アーリントンC2着 優先出走権
ファストアプローチ 牡3 2017年芙蓉S2着 除外対象
プリモシーン 牝3 2018年フェアリーS
フロンティア 牡3 2017年新潟2歳S
ミスターメロディ 牡3 2018年ファルコンS
ミュージアムヒル 牝3 2018年フローラルウォーク賞 除外対象
リョーノテソーロ 牡3 2018年クロッカスS
ルーカス 牡3 2017年東京スポーツ杯2歳S2着 
レッドヴェイロン 牡3 2018年アーリントンC3着 優先出走権
ロックディスタウン  牝3  2017年札幌2歳S


戦前から競馬ファンの注目を集める今年のNHKマイルC。どんな馬が出るか気になりますよね。そこで、4月22日(日)に発表された最終登録馬の中から注目馬3頭を紹介します。
 

NHKマイルC注目馬その1:タワーオブロンドン

今年のNHKマイルCの主役と称されているのがこの馬。G1レースでの勝ち鞍はないものの、ここまで6戦4勝、馬券圏内から外れていないという抜群の安定感が持ち味になっています。
 

デビュー戦こそ逃げ切り勝ちを収めましたが、この馬の魅力は切れる末脚と反応の速さ。直線に入ってから騎手に追われると機敏に反応して、あっという間に突き抜けることができます。年明け初戦でNHKマイルCの前哨戦として選んだアーリントンCでは、直線で豪快に突き抜けて快勝。G1制覇に向けてリーチを掛けました。
 

馬主のゴドルフィンは、先月の高松宮記念に勝負服のデザインを変更して以来、所有馬が重賞2勝を含む10勝と絶好調。高松宮記念を制したファインニードル以来のG1制覇を目論みます。
 

NHKマイルC注目馬その2:カツジ

NHKマイルCに向けて最重要のステップレースと称されるニュージーランドTを制したのがカツジ。和風な馬名で地味な印象を与えますが、中団から伸びる末脚は父ディープインパクトをほうふつとさせるもので、本番NHKマイルCでの好走を強く意識させました。
 

このニュージーランドTの時は、馬体重を前走時よりもマイナス12キロと絞り込んできたため、レース当日はどれだけ馬体重を戻しているかがカギを握るはず。直線の長い東京コースで、自慢の末脚が炸裂することでしょう。
 

NHKマイルC注目馬その3:ロックディスタウン

今年のNHKマイルCには牝馬の有力馬が多数エントリーしていますが、その中でも筆頭格に当たるのがこの馬。桜花賞をパスしただけでなく、レース間隔が中1週となるオークスへの出走も現実的ではない状況から、陣営がこのNHKマイルCに賭けていることがわかります。
 

3冠馬オルフェーヴルの初年度産駒としてデビューし、札幌2歳Sで重賞初制覇。父に重賞タイトルをプレゼントした孝行娘ですが、阪神JFでラッキーライラックを差し置いて1番人気に推されながらも9着に敗れたことで歯車が狂ったのか、年明け初戦のフラワーCではまさかのシンガリ負け。レース前の藤沢和雄厩舎への転厩や、スタート時の不利が影響したとはいえ、さすがに負け過ぎという声も聞かれます。
 

しかし、左回りコースは新潟のデビュー戦で快勝した経験を持ち、何より牝馬限定戦よりも厳しい流れになることが多い牡馬との混合戦では2戦2勝。久々の牡馬混合戦となるNHKマイルCでの復活を期待されています。
 

このほかにも、牝馬重賞のフェアリーSを制したプリモシーン、そしてクイーンCを勝ったテトラドラクマ、そしてファルコンSで突き抜けたミスターメロディなど有力馬が多数エントリーしています。粒揃いのメンバーとなった今年のNHKマイルCは果たして、どんなレースになるのでしょうか……?

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」