若返る"第3の韓流"ブーム。「KCON」に68,000人が熱狂

2017年から始まったと言われる"第3の韓流"ブームが若者中心に起こる中で行われた韓国カルチャーを紹介するイベント「KCON(ケイコン)」。のべ6万8000人が来場したというイベントを取材した。

「第3次韓流ブーム」の特徴は?

韓流が再びブームとなっている。

広い幕張メッセの会場が賑わったKCON 2018 JAPAN © COURTESY OF CJ E&M
広い幕張メッセの会場が賑わったKCON 2018 JAPAN © COURTESY OF CJ E&M

第1次韓流ブームは2003年のドラマ『冬のソナタ』の放送に始まり、第2次は2010年の『少女時代』『KARA』日本デビューによるK-POPブームとして起こった。
 

そして昨年2017年から始まったと言われるのが、今回の第3次韓流ブームだ。
 

その特徴は何と言っても、10代・20代という若い女の子たちがブームを支えていること。関心は、チーズタッカルビなどのグルメや、3CEなどのコスメ、ファッションなど多岐にわたるが、1つのアイコンとなっているのが、K-POPグループの『TWICE』だ。
 

TWICEは2017年に日本デビューし、紅白歌合戦に出場。Y!mobileのCMにも登場するなど成功を収めており、"第3の韓流"ブームの象徴と言えるだろう。
 

2018年のKCONは3日間でのべ6万8000人が来場!

そんな中、今年も韓国の文化を紹介するイベントである『KCON(ケイコン)』が2018年4月13日~15日、幕張メッセで開かれた。魅力は何と言っても、K-POPアイドルと身近に接することができるところだが、今年は昨年よりも会場を拡大し、ビューティ関連商品の紹介ブースで行われるメイクアップ講座や、SNSで活用できるハングル講座、K-POPダンスの解説コーナーなど、正にブームを支える若い女子向けプログラムが更に充実。3日間でのべ6万8000人が訪れたという。

会場内の複数のステージで、ミニライブやトークイベントが繰り広げられる
会場内の複数のステージで、ミニライブやトークイベントが繰り広げられる

そんな熱気に満ちた会場内を歩くと、やはり人で溢れ、歓声を集めているのは、いくつか用意されたステージだ。そこでは明日のスターと言うべき、デビューから日の浅いフレッシュなアイドルたちが、間近でライブパフォーマンスを行い、また、トークショーで楽しませてくれる。

握手会などのイベントも行われている
握手会などのイベントも行われている

 

TWICEに続く「明日の大スター」は?

実は、先述のTWICEが初めて日本のファンの前に現れたのも、2016年のこのKCONだったのだ。それゆえ、目の前のアイドルたちが、本当に明日の大スターになるのは、決して夢ではないのだ。
 

そして、アイドルたちがそんな飾らぬ素顔を見せてくれた昼が終わると、各日の夜には彼らが迫真のステージを魅せてくれる、韓国の音楽番組「M COUNTDOWN」の収録ライブが行われた。
 

これは別チケットが必要となるが、総勢28チームのK-POPアイドルが出演。目玉は3日目の大トリに登場したTWICEだが、共に2018年5月に日本デビューが決まったトップクラスのスターグループである『SEVENTEEN』『GFRIEND』に始まり『Wanna One』『MOMOLAND』など、今を時めく人気グループも続々登場。

KCONで日本デビューした「TWICE」の凱旋ライブも
KCONで日本デビューした「TWICE」の凱旋ライブも © COURTESY OF CJ E&M

公演中にキーワードとして掲げられていたのは「WHO'S NEXT?」という言葉。

Mnetから生まれたWHO'S NEXT?の象徴でもあるスーパーユニット「Wanna One(ワナワン)」も登場 © COURTESY OF CJ E&M
Mnetから生まれたWHO'S NEXT?の象徴でもあるスーパーユニット「Wanna One(ワナワン)」も登場 © COURTESY OF CJ E&M

そう、KCONは、正に明日のスターに様々な角度から接することができる場だ。アーティストと若いファンが、共にスターとブームを作り上げていく。その仕組み・場の作り方に、ビジネスの上手さ、文化創生の巧みさをひしひしと感じた。
 

新たな世代は、国籍も歴史も関係なく、ただただ力強く、熱狂できるものを求めていく。そんなことを強く感じるKCONだった。
 

【関連リンク】

拡大するK-POPの祭典「KCON」 大盛況に見た成長のヒント(2017年の「KCON」レポート)

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • アスリートの育て方

    3万円を手渡し「頑張って来いよ」。破天荒すぎる父が中学生だった元日本代表・城彰二に課した極貧サバイバル生活

  • どうする学校?どうなの保護者?

    いつの時代の話? 「登校付き添い」を求められ、仕事の断念や転校を迫られる母親たち

  • 「婚活」の落とし穴

    「年の差婚」の限界点……男性40代×女性20代は結婚相談所でも0.5%のスーパーレア案件だった!

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望