吉兆の知らせか、それとも…?オープン戦首位打者のシーズン成績は

2018年のプロ野球オープン戦も佳境。各選手とも順調に調整を進めていますが、その中で注目したいのがオープン戦で首位打者に輝いた内田靖人。プロ5年目の新鋭ですが、過去のオープン戦首位打者のシーズン成績はどうなっているのでしょうか?

オープン戦絶好調の内田靖人は2018年活躍するか!?

25日、2018年の オープン戦が終了し、プロ野球開幕まで残りわずかとなりました。オープン戦では、主力選手の大半は40打席近く立って半年にわたるシーズンの調整を進めていますが、その中で今季、抜群の好成績を残しているのが楽天の内田靖人です。
 

2013年のドラフト会議で楽天から2位指名を受けて入団し、昨シーズンは二軍で本塁打と打点の二冠王に輝いた期待のスラッガーですが、今季はキャンプから一軍入りを果たして猛アピール。オープン戦初戦となった2月24日の対広島戦ではチームを勢いづける2ラン本塁打を放ちました。
 

その後も内田の打棒は衰えることなく、打率はなんと.386というハイアベレージ。2位鈴木大地(ロッテ)を2分も離すという圧倒的な成績を残しました)。
 

開幕一軍はもちろんながら、一気にレギュラー奪取も期待される内田ですが……昨季のアンディ・シリアコ(元DeNA)をはじめ、オープン戦の首位打者はシーズンでは思ったほど活躍できないケースが見られます。
 

そこで今回は、過去10年のオープン戦の首位打者たちのシーズン成績を総ざらい。オープン戦とシーズンとの関連性について調べてみました(※過去10年の首位打者については日刊スポーツ掲載データを参照。
 

過去10年のオープン戦の首位打者たちの成績はいかに

まずは過去10年(2008年~2017年)のオープン戦首位打者の成績を見てみましょう。
 

◆過去10年のオープン戦首位打者の成績

選手名(チーム名) オープン戦打率 

シーズン成績

(打率/本塁打/打点)

前年成績

(打率/本塁打/打点)

2008  稲葉篤紀(日本ハム)  .400 .301/20/82 .334/17/87 
2009 栗山巧(西武) .400 .267/12/57 .317/11/72
2010 G.G.佐藤(西武) .433 .204/6/19 .291/25/83
2011 浅村栄斗(西武) .441 .268/9/45 .262/2/9
2012 松山竜平(広島) .403 .204/0/7 .270/3/19
2013 畠山和洋(ヤクルト) .393 .219/12/51 .266/13/55
2014 井上晴哉(ロッテ) .435 .211/2/7 新人
2015 秋山翔吾(西武) .459 .359/14/55 .259/4/47
2016 鈴木大地(ロッテ) .400 .285/6/61 .263/6/50
坂田遼(西武) .400 .245/3/26 .146/0/1
2017 A.シリアコ(DeNA) .375 .074/0/0 新外国人

現在の侍ジャパンの監督である稲葉篤紀や、西武の安打製造機・秋山翔吾などのビッグネームが並ぶ一方、当時ルーキーだった井上晴哉や前年までレギュラーに定着していなかった浅村栄斗など、意外な名前も連なっています。一連の成績を見ると、打率4割台がオープン戦首位打者の最低ラインと言えそうで、それに満たなかった畠山和洋やシリアコが今一つ振るわなかったのも納得できます。
 

しかし、打率4割を超えた選手でも思ったような成果を挙げた選手が少ないのも、また事実。この中で前年よりも明らかに成績が上がったと言えるのが、2015年にシーズン安打数の新記録を生み出した秋山と、2011年にレギュラーに定着した浅村のみ。稲葉は打率.301を記録していますが、前年の打率.334と比べるとやはり見劣りしてしまいます。
 

やはり、オープン戦で活躍しすぎると、シーズンで思ったような成績を残せないという感じが、この数字からは表れているようにも思えます。
 

シーズンを好調に過ごせるかのカギは開幕戦にあり!?

シーズンに入ると今一つな印象のあるオープン戦の首位打者。しかし、過去10年のオープン戦の首位打者をさらに細かく見てみると、以下のような傾向が現れました。
 

◆過去10年のオープン戦首位打者の開幕戦成績

選手名(チーム名) 開幕スタメン 開幕戦成績
2008  稲葉篤紀(日本ハム)  3番ライト 3打数ノーヒット(1打点) 
2009 栗山巧(西武) 2番レフト 3打数ノーヒット
2010 G.G.佐藤(西武) 6番レフト 3打数ノーヒット
2011 浅村栄斗(西武) 7番ファースト 4打数3安打
2012 松山竜平(広島) 5番ライト 3打数ノーヒット
2013 畠山和洋(ヤクルト) 4番ファースト  4打数1安打
2014 井上晴哉(ロッテ) 4番DH 4打数ノーヒット
2015 秋山翔吾(西武) 1番センター 4打数2安打
2016 鈴木大地(ロッテ) 7番ショート 2打数1安打
坂田遼(西武) 6番ライト 3打数ノーヒット
2017 A.シリアコ(DeNA) 5番サード 3打数ノーヒット

上の表は過去10年のオープン戦首位打者たちの開幕戦の打撃成績ですが、よく見てみると、オープン戦で好調だったにもかかわらずシーズン成績を落とした選手たちはほとんどがノーヒット。唯一ヒットを打っている畠山和洋にしても、打率はわずか.250に過ぎません。
 

秋山
2015年の開幕戦で秋山翔吾は4打数2安打を記録していた(写真:田村翔/アフロスポーツ)

一方、明らかにシーズン成績が前年よりも上がっている選手を見てみると、共通するのは全員がヒットを打っている点。それも打率にすれば5割オーバーのハイアベレージ。浅村に至っては4打数3安打で開幕戦から猛打賞を記録しています。


これを見ると、開幕戦で2安打放つか、打率.500を超えるようだとシーズンを通じての好成績が期待できるということになります。今季のオープン戦首位打者、内田靖人が開幕スタメンの座を手にし、どんな成績を残すか……楽天ファンならずとも注目してみたいところですね。

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    日本人には日常すぎて衝撃! 外国人が「最高に素晴らしい!」と称賛する日本のいいところ厳選3

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    東海道新幹線の「個室」が100系以来、四半世紀ぶりに復活! 「どこに設けられる?」JR東海に聞いた

  • 「婚活」の落とし穴

    「男らしさ」がしんどい若者たち。「女性より稼いで当然」「デートもリードすべき」と言われても

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    危機管理のプロが警告! 中学受験で“御三家”を目指す親子が知っておくべき「学歴エリートの落とし穴」