元カンパイガールズ・岡田ちほが教える「球場デート」のコツとは?

プロ野球のペナントレースもいよいよ開幕。せっかくだから球場へ好きな女性とデートしたいという男性も多いことでしょう。そんな野球ファンの憧れ、球場デートについて元マリーンズカンパイガールズ・岡田ちほさんにインタビューしてきました。

プロ野球ファンの憧れ!?球場デートのコツをレクチャー!

マリーンズカンパイガールズ時代の岡田ちほさん
マリーンズカンパイガールズ時代の岡田ちほさん(Ⓒ エイベックス・エンタテインメント株式会社)

プロ野球好きな男性なら、誰もが一度は夢見るのが球場デート。好きな女性を誘っての野球観戦はやっぱり楽しいものですが……実際に誘うとなるとハードルは結構高め。野球場を訪れる女性は男性に比べるとまだ少ない印象もあるので、誘う前からしり込みしてしまう方もいることでしょう。
 

ということで、今回は2016年に千葉ロッテマリーンズの本拠地ZOZOマリンスタジアムでビールの売り子として活動するアイドルグループ、マリーンズカンパイガールズの元メンバーの岡田ちほさんにインタビュー。球場デートのちょっとしたポイントを教えてもらいました。
 

「鳥肌が立つくらい、カッコよかった」…岡田さんが感激したポイントは?

インタビューに答える岡田ちほさん
インタビューに答える岡田ちほさん。非モテプロ野球好き男子の筆者の質問にも終始笑顔の神対応を見せてくれました(筆者撮影)

マリーンズカンパイガールズとして活動をする前、実はそこまで野球に詳しいわけではなかったという岡田さん。そんな彼女が初めて球場に行った際、何よりも印象に残ったのは、意外なことでした。
 

「カンパイガールズをやる前ですが、友達に連れられて野球を見に行ったことがあったんです。その時は野球のことは詳しくなかったんですが、グラウンドはキレイだし、何より外野スタンドからの応援が揃っていてカッコイイ。テレビで見たことはありましたが、ライブで見たのは初めてだったのでホントに感動して、もう鳥肌が立ちましたよ」
 

それから時がたち、岡田さんはマリーンズカンパイガールズのオーディションに合格。晴れてメンバーの一員として活動することになり、再び球場に行くことになりましたが、活動の拠点となるZOZOマリンスタジアムにやってくるロッテのファンは12球団でも一、二を争うほど熱心な応援で知られています。そんなロッテファンの応援を間近で見て、さらに野球に興味を持ったといいます。
 

「ビールを販売している時にファンの方の応援をよく見ていましたが、皆さんホントに熱いんですよ。ワイワイと盛り上がれる感じでとても楽しそうだったから、活動中にそれを見たときは正直、『混ざりたいな~』って思いましたよ(笑)。でも外野席は攻撃中、応援に参加しなければならないので、野球にあまり詳しくない女の子だと大変かもしれません。なので、初めて球場デートに行くときは内野席にした方がいいかもしれないですね」
 

好きな選手を応援して盛り上がりたいときは外野席を選びがちですが、デートのときはゆったりと見られる内野席の方がベターというのが岡田さんの意見。また、球場によっては大相撲の升席のようなボックスシートなど、独自のサービスを行っている球場もありますが、そうした席での観戦は「特別感があるから、女の子は嬉しくなっちゃいます」と岡田さんも太鼓判を押していました。もしかすると球場デートはチケット探しの時からすでに始まっているのかもしれませんね。
 

「開放感」や「非日常感」こそ、球場デートの魅力

マリーンズカンパイガールズ時代の岡田ちほさん
こちらは別コスチュームでのもの。緑が岡田ちほさんのイメージカラーでしたⒸ エイベックス・エンタテインメント株式会社

観戦する席も重要ですが、岡田さんによると試合が開催される球場にもちょっとしたポイントがあるのだとか。
 

「球場ってドームと野外がありますよね。女の子の好みにもよりますが、私は野外の方が開放的でどこか非日常な雰囲気がするから、テンションが上がる女の子も多いかなと思います。あと、野外の球場だと特にオススメしたいのがナイターゲームの時。球場で夕焼けを眺めて、日が沈むと今度は照明が灯り始めて…という光景ってムードがあってステキですね」
 

確かにドーム型の球場だと天気に関係なく見に行けるというメリットがありますが、女性は男性以上にその場の雰囲気を大切にします。だからこそ「キレイな景色が見られる」「非日常を味わえる」ということに思わずキュンとするみたいです。
 

「あと夏場だと、野外の球場だと花火が打ちあがるところもあるんです。席に座って一緒に花火を見るだけでも思い出に残りますよね。他にも野球以外のショーみたいな見どころが多いのも屋外球場ならではかなって思います」
 

球場デートであると嬉しいアイテムって?

インタビューに答える岡田ちほさん
マリーンズカンパイガールズ時代の経験をもとに語る岡田ちほさん。非モテプロ野球男子の筆者にとっては目からうろこなことばかりでした(筆者撮影)

しかし、屋外球場でのデートとなるとそれなりの準備も大切。女子目線で男性に持っていてほしいアイテムの数々も教えていただきました。
 

「応援グッズは絶対持っていると思いますが(笑)、開幕したばかりの時に持っていてほしいのがブランケットや上着。春先は夜になると、まだ寒かったりしますからね。肌寒い時にスッと出してくれると女の子は嬉しいと思います。逆に夏場は日焼け止めがマストアイテム。デイゲームの時はもちろんですが、ナイターの時もあるといいですね。あとはちょっとしたものを拭けるウェットティッシュや汗拭きシート、それに意外と忘れがちですが、試合を見終わった後にごみをまとめられるごみ袋を持っているとポイント高いです」
 

感覚としてはピクニックデートの時に持っていくようなアイテムをイメージして持っていくと、女性にはポイントが高いのだとか。とりあえず、ブランケットは必ず持っていった方がよさそうです。
 

女性が思わず行きたくなっちゃう、球場デートへの誘い方は?

今回のインタビューに答えてくれた岡田ちほさん
「野外の球場だと、女の子もビアガーデン感覚で楽しめると思います」という岡田ちほさん。肩ひじ張らずにシンプルに誘うのがベストかも!?(筆者撮影)

球場デートにおいて数々のポイントを教えてくれた岡田さん。最後に球場デートをするのに最も肝心と言える「女性を誘うキッカケ」について、聞いてみました。
 

「シンプルに『おいしいビール飲み行こうよ!』というような気軽な感じの方が女の子も食いつきやすいかなって思います。どこの球場もおいしいフードメニューがありますしね。私もカンパイガールズ時代にお客さんが球場で売っているモツ煮込みを食べているのを見たとき、『プライベートで来たら、絶対食べたい!』って思っていました(笑)。あと、カップ代わりに小さなヘルメットを使ったアイスとかインスタ映えするメニューもあるから、オススメです」
 

さらに球団によっては女性限定でユニフォームを配布するレディースデーイベントが開催されますが、そうしたイベントごとがあると女性は興味を示すことが多いそうです。
 

「私がカンパイガールズをやっているころからそうでしたが、最近の球場には女の子が結構来ているんです。最初はあまり興味なくても行ってみるとハマるという子も多いから、あまり深く考えずにスマートに誘ってみたらいいと思います。うまくいけば2回目、3回目とつながっていきますし……あとは男性のウデ次第ですね(笑)」
 

今回のポイントを実践すれば、プロ野球ファンの男性の憧れ、球場デートも成功しそうな予感が。気になる女性がいるあなた、試してみてはいかがですか?
 

◆今回取材に応じていただいたのは……

岡田ちほ さん

ミスFLASH2018ファイナリスト。元マリーンズカンパイガールズ(緑)、『DIVINETIME』準グランプリ。現在2ndDVD『岡田ちほ おとなちぃ。 [DVD]』が発売されているほか、競馬バラエティ『ウマバラ』にも出演中。また趣味が高じて見習いパチンコライターとしての活動もスタート。

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 「婚活」の落とし穴

    「男らしさ」がしんどい若者たち。「女性より稼いで当然」「デートもリードすべき」と言われても

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    危機管理のプロが警告! 中学受験で“御三家”を目指す親子が知っておくべき「学歴エリートの落とし穴」

  • 世界を知れば日本が見える

    深刻な少子化に苦しむ「中国」と対照的に、今こそ「一人っ子政策を導入すべき」といわれる2つの国とは

  • ヒナタカの雑食系映画論

    ツッコミどころ満載で愛される『名探偵コナン 紺青の拳』、気になる5つのシーンを全力でツッコんでみた