エイプリルフールにはホテルニューグランドの「ポワソンダブリル」を

ホテルニューグランド 本館1階コーヒーハウス「ザ・カフェ」では、2018年3月26日~4月1日まで「ポワソンダブリル」の予約販売を行う。フランスではエイプリルフールを「ポワソンダブリル(=4月の魚)」と呼び、魚をかたどったお菓子などを食べる習慣がある。

エイプリルフールに食べる魚の形のお菓子「ポワソンダブリル」とは

ホテルニューグランドで販売する「ポワソンダブリル」は魚をかたどったイチゴパイ(画像提供:ホテルニューグランド)
ホテルニューグランドで販売する「ポワソンダブリル」は魚をかたどったイチゴパイ(画像提供:ホテルニューグランド)

ホテルニューグランド 本館1階コーヒーハウス「ザ・カフェ」では、2018年3月26日(月)~4月1日(日)まで「ポワソンダブリル」の予約販売を行う。フランスでは4月1日のエイプリルフールを「ポワソンダブリル(4月の魚:ポワソン=魚、ダブリル=4月」と呼び、魚をかたどったお菓子などを食べる習慣がある。近年は日本でも、さまざまな魚のお菓子が販売されるようになってきた。

エイプリルフールの起源は諸説あるが、フランスの旧正月である4月1日にプレゼントを交換しあう慣わしがあったことに由来する。なぜ「4月の魚」と呼ばれているかというと、昔、フランスでは魚の産卵期の4月から漁獲が禁止されていたため、漁をできない漁師をからかい、ニシンを川に放ち釣らせたことがエイプリルフールのジョークの始まりだといわれている。

ホテルニューグランドのポワソンダブリルは、サクサクのパイ生地に、カスタードクリームとイチゴをたっぷりと盛り付けてある。滑らかなカスタードクリームと甘いイチゴ、サクサクのパイのハーモニーがたまらない。

広報担当者は「当ホテルのパティシェが一つひとつ心を込めて作っております。毎年ご好評いただいている『ポワソンダブリル』は、3日前までにご予約をお願いいたします。フランス風の“ちょっとおしゃれな”エイプリルフールをご自宅でお楽しみください」とコメントしている。

■ポワソンダブリル
販売期間:2018年3月26日(月)~4月1日(日)
※3日前までに要予約、テイクアウトのみの販売
※追記:4月1日(日)のみ、限定数を店頭で販売(予約不要)
場所:ホテルニューグランド 本館1階コーヒーハウス「ザ・カフェ」
料金:3456円(税込、1ホール約15cm)
予約・問い合わせ:045-681-1841(代表)
URL:コーヒーハウス「ザ・カフェ」

【関連記事】
3月30日まで!ホテルニューグランドで「大人のデザートビュッフェ」開業90周年企画
ホテルニューグランドのイタリアンで大満足!セミ・ランチブッフェ
ホテルニューグランド発祥の「プリン ア ラ モード」が90周年ver.に

Lineで送る Facebookでシェア ポスト はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 世界を知れば日本が見える

    これで3度目? 「LINE情報流出」問題を時系列順に振り返る。日本人にとっての「重大なリスク」とは何か

  • ヒナタカの雑食系映画論

    ディズニーやピクサーだけじゃない! 2023年の「すごい海外アニメ映画」7作品を本気で選んでみた

  • 意外と知らないグルメのひみつ

    【何食べ】シロさんのビーフシチュー・サラダ・明太子ディップを作ってみたら、クリスマスに最適すぎた

  • どうする学校?どうなの保護者?

    「義務教育は無償」なはずでは? 保護者から徴収したPTA会費で「学校に物品寄贈」の問題点