アイスクリームの季節到来!発祥はいつ?

5月9日は「アイスクリームの日」。どのような由来があるのでしょうか?
 

アイス

「アイスクリームの日」は、東京アイスクリーム協会(日本アイスクリーム協会の前身)が1965年から実施しています。日本アイスクリーム協会によると、「アイスクリームの日」の由来は、東京オリンピック開催年である1964(昭和39)年に、アイスクリームの消費拡大を願い、アイスクリームのシーズンインとなる連休明けの5月9日に、施設などへの寄贈やイベントを実施したことによるといいます。
 

なお、日本で初めてアイスクリームが登場したのは明治2年(1869年)6月(新暦7月)のことと伝わっています。このときは町田房蔵という人物が、横浜の馬車道通りで、日本で最初のアイスクリーム「あいすくりん」の製造販売を始めたと言われています(馬車道は、「さまざまな日本発祥の地」でもあります。詳細はAll Aboutの『関内』)。
 

日本で最初のアイスクリームに近い?簡単に作れるレシピ

日本アイスクリーム協会のホームページによると、町田房蔵は氷と塩とを使用し、「あいすくりん」を製造したとしています。また、材料は牛乳、卵、砂糖だったと想定されているそうです。
 

このように、アイスクリームは牛乳や卵、砂糖といったシンプルな材料と、氷と塩だけでも作ることができます。このアイスクリームのレシピは、All Aboutの『氷と塩で手作り!アイスクリームの作り方』でも紹介しています。こちらは、子供の自由研究などにもおすすめです。
 

また、卵とグラニュー糖の2つのだけで作ることができるレシピも『材料2つだけ! 簡単卵アイスクリームの作り方』で紹介しています。せっかくの「アイスクリームの日」に手作りにしたいという方は確認してみてはいかがでしょうか。
 

コンビニやアイスクリーム店で買うなら?

ハーゲンダッツ
4月25日から登場しているハーゲンダッツ ミニカップ『ほうじ茶ラテ』(出典:同社リリースより)

手作りが難しいという人は、スーパーやコンビニに立ち寄って購入してみては。人気のハーゲンダッツでは新味のミニカップ『ほうじ茶ラテ』が4月25日から期間限定で発売されるなど、各社新商品を投入しています。コンビニ各社の傾向などは『2017年のコンビニスイーツ最新動向&トレンド大予測!』をご覧ください。
 

なお、期間限定でオープンし、連日大行列を作っていたハーゲンダッツとメゾンカイザーのコラボ店は5月9日が最終日です。
 

「アイスクリームの日」のイベントとして、B‐R サーティワン アイスクリームは、 2017年5月9日に、全国のサーティワン アイスクリームストアーで「アイスクリームの日 感謝祭」を実施すると発表しています。感謝祭では、好きなアイスクリーム(レギュラーサイズ・シングルコーン)を100円(税込)で食べられるといいます(カップでの購入、 持ち帰り包装はできない)。

■アイスクリームの日 感謝祭 概要

  • 開催日 :2017年5月9日(火)
  • 開催場所:全国のサーティワン アイスクリームストアー
         ※営業休止店舗など一部店舗は除く
  • 開催時間:店舗により異なる(詳細はWEBサイトで)