最終予選は混戦模様…選考で重視したのは「経験」

何が何でも勝つのだという、指揮官の決意が滲むメンバー選考だ。
 

3月23日と28日にロシアW杯最終予選を戦うサッカー日本代表のメンバーが、16日午後に発表された。
 

ヴァイッド・ハリルホジッチ監督が、今回の選考でもっとも重視したのは「経験」だ。
 

W杯アジア最終予選は6か国ずつ2つのグループで争われ、各グループの上位2か国が出場権を得る。3位でも可能性はつながれるが、3位同士のプレーオフ、北中米カリブ海地区4位のとの大陸間プレーオフと、過酷な戦いをくぐり抜けなければならない。そのため、どの国も2位以内をターゲットにしている。
 

全10試合の半分にあたる5試合を消化した現在、日本のグループBは混戦模様だ。サウジアラビアと日本が勝点10、オーストラリアとUAEが勝点9となっている。先行きが不透明ななかで、日本は23日にアウェイでUAEと激突する。昨年9月のホームゲームでは、1対2で苦杯をなめた相手だ。
 

UAEの“日本対策”に指揮官は警戒心を強めた

しかも、UAEは特別な舞台で日本を迎え撃つ。それまで使用してきたアブダビのスタジアムではなく、よりコンパクトなアル・アインのスタジアムを会場に選んだのだ。
 

この変更に、指揮官は警戒心を強めた。
 

「このスタジアムでの試合をテレビで観戦したが、より狭く、アウェイチームの選手にプレッシャーを感じさせる雰囲気でした。そう考えると、経験値がどうしても必要になる」
 

果たして、ハリルホジッチ監督は選考基準を見直す。「クラブで試合に出ていない選手は選ばない」という前提を棚上げし、所属するACミラン(イタリア)でほとんどプレーしていない本田圭佑を、これまでどおりに招集したのだ。本田ほどではないものの出場機会の限られている長友佑都(インテル・ミラノ/イタリア)も、メンバーに名を連ねた。
 

本田
ACミランでほとんどプレーしていない本田圭佑を招集した(写真:長田洋平/アフロスポーツ)

ハリルホジッチ監督は「本田は我々のトップスコアラーだ」と説明し、「本田も長友も、試合に出られないなかでプラスアルファのトレーニングをしている。代表でプレーする意欲もある」とも付け加えた。メス(フランス)で控えに回っているGK川島永嗣も、同じ理由で選出されている。試合で起用するかどうかはともかく、彼らベテランの経験を生かしてチームに落ち着きをもたらしたいのだろう。
 

34歳のサプライズ招集も

本田、長友、川島とともに10年と14年のW杯に出場したベテランも、15年1月以来の招集を受けた。34歳の今野泰幸だ。
 

「最近の試合では若手を何人か呼んできたが、もしかしたらまだメンタル面で準備ができていないかもしれない、と感じた。アウェイで大きなプレッシャーを感じながらの試合では経験が必要だ。今野の招集は驚きではない」
 

ガンバ大阪でプレーするベテランの招集理由を、ハリルホジッチ監督はこう説明する。キャプテンの長谷部誠(フランクフルト/ドイツ)、山口蛍(セレッソ大阪)に次ぐボランチの3番手との位置づけだが、控え選手にも経験値を求めたところに、指揮官の覚悟が読み取れるだろう。
 

サッカーのリーグ戦では、アウェイゲームの引き分けは許容範囲とされる。23日のUAE戦も、負けなければいいという考え方は成り立つ。ただ、不確定要素を抱えたまま予選が終盤を迎えるのは避けたい。敵地でUAEを叩き、自らの手でライバルを蹴落とすことを、ハリルホジッチ監督は自らに課している。
 

ロシアW杯最終予選 UAE戦、対タイ戦 メンバー

  • UAE戦
    日時:3月23日(木) 19:30~
    会場:アルアイン/Hazza Bin Zayed Stadium
  • タイ戦
    日時:3月28日(火) 19:35~
    場所:埼玉/埼玉スタジアム2002

<メンバー>

GK
川島 永嗣 (FCメス/フランス)
西川 周作 (浦和レッズ)
林 彰洋  (FC東京)

DF
長友 佑都 (インテル・ミラノ/イタリア)
槙野 智章 (浦和レッズ)
森重 真人 (FC東京)
吉田 麻也 (サウサンプトン/イングランド)
酒井 宏樹 (オリンピック・マルセイユ/フランス)
酒井 高徳 (ハンブルガーSV/ドイツ)
昌子 源  (鹿島アントラーズ)
植田 直通 (鹿島アントラーズ)

MF
今野 泰幸 (ガンバ大阪)
長谷部 誠 (アイントラハト・フランクフルト/ドイツ)
髙萩 洋次郎(FC東京)
倉田 秋  (ガンバ大阪)
香川 真司 (ボルシア・ドルトムント/ドイツ)
清武 弘嗣 (セレッソ大阪)
山口 蛍  (セレッソ大阪)

FW
岡崎 慎司 (レスター・シティー/イングランド)
本田 圭佑 (ACミラン/イタリア)
大迫 勇也 (1.FCケルン/ドイツ)
原口 元気 (ヘルタ・ベルリン/ドイツ)
宇佐美 貴史(FCアウクスブルク/ドイツ)
久保 裕也 (KAAヘント/ベルギー)
浅野 拓磨 (VfBシュツットガルト/ドイツ)
 

【関連リンク】

DAZN、ルール、優勝候補と賞金…25日開幕Jリーグ2017の見どころは

50歳で現役!“キング・カズ”はサッカー界の常識を覆す