気付けば2016年も残りわずかとなりました。All About NEWSで、この1年よく読まれたニュースから、2016年を振り返ってみたいと思います。

  

1.SMAPが2016年12月31日の解散を発表

SMAPがCM出演したソフトドリンクでたどる25年の軌跡

https://news.allabout.co.jp/articles/c/465417/

  

2016年1月、週刊誌が国民的アイドルグループ「SMAP」が解散危機にあることを報じ、その後、メンバーがレギュラー番組「SMAP×SMAP」で謝罪するなど、波紋が広がりました。所属事務所であるジャニーズ事務所は、メンバーとの交渉を続けたといいますが、8月14日未明、12月31日をもって解散することを発表しました。その後、ファンによる署名活動なども行われましたが、「紅白歌合戦」への出場を辞退。12月26日に放送されたフジテレビ系の冠番組「SMAP×SMAP」(スマスマ)の最終回をもって、5人がそろってテレビ出演するのが事実上最後となりました。

  

【関連記事】

「SMAP解散」から考える、「組織統制のセオリー」を守る重要性

https://news.allabout.co.jp/articles/o/19697/

  

2.元プロ野球選手・清原和博氏を逮捕、有罪判決

清原被告に有罪判決 薬物依存を断ち切るためには

https://news.allabout.co.jp/articles/c/464203/

kiyohara
送検のため警視庁を出る清原和博容疑者(中央)=2016年2月4日(写真:日刊スポーツ/アフロ)

2016年2月、元プロ野球選手の清原和博氏が自宅で覚醒剤を所持していたとして、警視庁に覚醒剤取締法違反(所持)容疑で現行犯逮捕され、球界に激震が走りました。その後、使用した疑いでも再逮捕、5月には東京地裁が懲役2年6カ月、執行猶予4年の判決を言い渡しました。2016年は清原氏だけでなく、高知東生、高樹沙耶ら、薬物事件が続きました。

 

3.熊本で震度7の地震…大きな被害が

熊本で地震 もう一度確認したい防災グッズ

https://news.allabout.co.jp/articles/c/463513/

熊本城
熊本城屋根が崩れている様子=2016年4月15日(写真:YONHAP NEWS/アフロ)

熊本地方で、4月14日午後9時26分にM6.5、16日午前1時25分のM7.3の地震が発生し、震度7の揺れが2度観測されました。これらの地震にともなう死者は、災害関連死を含めて158人(12月19日現在)となりました。本震の前に大きな揺れが来る「前震」があったこと、また余震が続いたことにより、車などでの避難生活を余儀なくされた被災者も多かった熊本地震。この地震による避難者はまだいるということ、復興はまだ道半ばであるということを忘れてはなりません。

   

【関連記事】

熊本地震現地報告、そこで何が起きていたのか

https://news.allabout.co.jp/articles/c/463655/

    

4.18歳選挙権が解禁した初めての参院選

参院選2016 開票率0%で「当確」はなぜ分かる

https://news.allabout.co.jp/articles/c/464753/

  

2016年6月、改正公職選挙法が施行され、選挙権年齢が高校生を含む18歳以上に引き下げられました。これにより、約240万人が新たに選挙権を得たことになります。新たな有権者が初めて投票することとなったのが、7月10日に実施された第24回参議院議員選挙(参院選2016)。即日投開票が行われ、与党が過半数を占める結果となりました。なおこの選挙での投票率は全体が54.70%、新たな有権者である18、19歳の投票率は45.45%と下回っており、課題が残ったと考えられるかもしれません。

   

【関連記事】

いよいよ始まる18歳選挙権の生かし方

https://news.allabout.co.jp/articles/c/464224/

  

5.天皇陛下が「生前退位」の意向示す

天皇陛下が「生前退位」の意向 皇室典範の改正が必要? 年号は?

https://news.allabout.co.jp/articles/c/464818/

  

7月、天皇陛下が天皇の位を生前に皇太子に譲る『生前退位』の意向を示し、8月には自らそのお気持ちを表明するビデオメッセージを公開しました。これにより、政府は本格的に制度等の検討を始めました。

    

6.ポケモンGO現象が広がる

知っておきたい「ポケモンGO」の問題点と注意すべきこと

https://news.allabout.co.jp/articles/c/464967/

ポケモン
ポケモンGOは社会現象となった(写真:ロイター/アフロ)

7月22日に任天堂社とNiantic(ナイアンティック)社がポケモン社と協力して作ったスマホアプリゲーム「ポケモンGO」。このゲームは、位置情報を使い、自分の周りに出現したポケモンを捕まえたり、バトルができたりします。「配信が始まった最初の1カ月でダウンロード数が最多」といったギネス記録を更新し、社会現象となりました。一方、ポケモンGOによる交通事故などもあり、議論を呼びました。リリースから半年近くたちましたが、まだプレイヤーも多く、今後の展開に注目が集まります。

   

【関連記事】

ポケモンGOが日本で配信開始 遊び方やピカチュウの捕まえ方は

https://news.allabout.co.jp/articles/c/464945/

「ポケモンGOユーザー激減」の勘違い

https://news.allabout.co.jp/articles/c/466665/

  

7.小池百合子東京都知事が誕生 豊洲市場はどうなる?

リオ五輪閉会式 小池百合子の着物姿をプロが徹底解説

https://news.allabout.co.jp/articles/c/465372/

小池百合子
リオ五輪閉会式での小池百合子東京都知事(写真:AP/アフロ)

政治資金の私的流用問題などが問題となっていた舛添要一前東京都知事が6月に辞職し、7月31日に東京都知事選が実施され、小池百合子氏が初当選しました。東京都知事に女性が就任するのは初めてのことでした。小池新都知事は、築地市場の豊洲移転を延期したり、東京五輪の経費削減に乗り出したり、話題となりました。

 

【関連記事】  

豊洲新市場と新国立競技場に共通する問題点とは

https://news.allabout.co.jp/articles/c/465840/

    

8.リオデジャネイロ五輪、日本勢はメダルラッシュ

リオ五輪の競技日程、日本時間では? 見どころと注目選手

https://news.allabout.co.jp/articles/c/465092/

  

日本時間8月5日から開幕したリオデジャネイロ五輪。大会を終えて日本は金メダル12、銀メダル8、銅メダル21の計41個となり、目標として掲げていた金メダル14個には届きませんでしたが、ロンドン五輪の計38個を上回り、史上最多となりました。

伊調
4連覇を果たした伊調選手には国民栄誉賞が授与された(写真:青木紘二/アフロスポーツ)

リオ五輪では、レスリングの伊調馨選手が金メダルを獲得し、女子個人種目で五輪史上初の4連覇を達成したり、体操男子団体総合で日本が優勝したりと、「お家芸」と言われる種目で存在感を発揮。また、バドミントン女子ダブルスの高橋礼華、松友美佐紀ペアが、日本勢初の金メダルを獲得したほか、錦織圭選手がテニスでは96年ぶりのメダル獲得となる3位となり、さらに陸上リレーでは華麗なるパス回しで圧倒的に有利とみられていた海外勢をおさえて銀メダルを獲得するなど、たくさんのドラマが生まれました。

    

【関連記事】

【リオ五輪クイズ】日本が一番メダルを獲得している競技は?

https://news.allabout.co.jp/articles/o/506/

  

9.広島が「神ってる!」 25年ぶりにセ・リーグ優勝

プロ野球・広島東洋カープ25年ぶりのリーグ優勝!記念クイズ

https://news.allabout.co.jp/articles/o/640/

カープ

プロ野球・広島東洋カープが25年ぶりに、セ・リーグで優勝しました。快進撃のなかでは、2016年の流行語大賞となった「神ってる」という言葉も生まれました。これは、6月に2試合連続で決勝弾を放った鈴木誠也外野手に、緒方孝市監督がたたえた言葉でした。なお、日本シリーズでは北海道日本ハムファイターズが勝ち、日本一となりました。

  

10.アメリカ大統領選挙 トランプ氏が勝利

アメリカ大統領選挙の投票開始 選挙の仕組みは?その後の日程は?

https://news.allabout.co.jp/articles/o/19265/

トランプ
勝利集会で笑顔を見せるトランプ氏(写真:ロイター/アフロ)

11月8日にアメリカ大統領選挙が行われ、本命とささやかれていた民主党候補のヒラリー・クリントン氏をおさえ、共和党候補のドナルド・トランプ氏が勝利となりました。この選挙により、第45代アメリカ大統領に就任することが決まりました。トランプ氏勝利という結果に市場が反応するなど、大きな影響を及ぼしました。なお、日本とは選挙制度の仕組みが大きく違うことから、選挙の直前に「選挙人とはなにか」「いつ大統領に就任するのか」といったことに疑問を持つ人が多かったようです。2017年1月20日、トランプ氏が大統領に就任します。今後、トランプ氏がどのような手腕を発揮するのか、2017年最大の焦点になるかもしれません。

    

【関連記事】

トランプ大統領はどうして当選できたのか?今後の影響は?

https://news.allabout.co.jp/articles/c/466371/