サッカー天皇杯2016 準々決勝の対戦カードと会場、日時が決定

日本で最も歴史があるサッカー大会である「第96回天皇杯全日本サッカー選手権大会」の準々決勝進出チームが出そろい、17日に対戦会場・スケジュールが決定した。日本サッカー協会などが発表した。

日本で最も歴史があるサッカー大会である「第96回天皇杯全日本サッカー選手権大会」の準々決勝進出チームが出そろい、17日に対戦会場・スケジュールが決定した。日本サッカー協会などが発表した。

  

天皇杯は、都道府県大会を含めて2219チームが参加。このほど4回戦が行われ、横浜M、G大阪、鹿島、広島、大宮、湘南、FC東京、川崎Fの8チームの準々決勝進出が決まっていた。

  

準々決勝は12月24日に開催。三連覇を狙うG大阪は、3年ぶりの優勝を目指す横浜と午後1時から日産スタジアムで対戦。リーグ戦年間勝ち点1位の浦和に3度追い付き、PK戦を制した川崎Fは、FC東京と午後4時から味の素スタジアムで対戦する。

  

準々決勝、準決勝、決勝のスケジュールと会場

スケジュールは以下の通り。

■準々決勝 12月24日(土)

  1. 横浜M―G大阪(午後1時・日産スタジアム)
  2. 鹿島―広島(午後1時・県立カシマサッカースタジアム)
  3. 大宮―湘南(午後4時・NACK5スタジアム大宮)
  4. F東京―川崎F(午後4時・味の素スタジアム)

 

■準決勝 12月29日(木)

  • 1の勝者―2の勝者(午後1時5分・ヤンマースタジアム長居)
  • 3の勝者―4の勝者(午後3時5分・日産スタジアム)

 

■決勝

日時:2017年1月1日(日・祝) 午後2時キックオフ

会場:市立吹田サッカースタジアム

  

【関連リンク】

サッカー天皇杯2016第4回戦以降の対戦カード決定 スケジュールは

FIFAワールドカップ(W杯)最終予選の日程と日本代表の組み合わせは

ハリルホジッチ流「仕事術」とは 独占インタビュー

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 世界を知れば日本が見える

    深刻な少子化に苦しむ「中国」と対照的に、今こそ「一人っ子政策を導入すべき」といわれる2つの国とは

  • ヒナタカの雑食系映画論

    ツッコミどころ満載で愛される『名探偵コナン 紺青の拳』、気になる5つのシーンを全力でツッコんでみた

  • どうする学校?どうなの保護者?

    【PTA免除の儀式】固まる母親を見かね「もうやめませんか?」声をあげた父親に何が起きたか

  • AIに負けない子の育て方

    2024年の中学入試は「弱気受験」だったというが…受験者増の人気校に見る、中受親の変化