4,000万曲以上を自由に楽しめるサービスが公開

音楽ストリーミングサービスのSpotifyは10日、日本でのサービスの一般公開を開始した。Spotifyは9月29日から国内で配信をスタートしていたが、申請が必要な「エントリー制」でのサービス提供だった(『無料で4000万曲が聴き放題「Spotify」が日本上陸 使い方は』参照)。10日からは、これまでサービス利用に必要だった招待コードなしでSpotifyが提供する4,000万曲以上の楽曲を自由に楽しむことが可能となった。

 

Spotifyでは、広告付きのフリープラン「Spotify free」と、月額980円(税込)ですべての機能を広告なしで利用できるプレミアムプラン「Spotify Premium」のどちらかを選択できる。

 

100種類以上のSpotify対応デバイスで利用可能に

device

10日からは「Spotify Connect」を搭載した100機種以上のWi-Fi対応オーディオ機器や、テレビ、PlayStation4および3といったゲーム機、PC、クルマなど各種デバイスに対応できるようになり、Spotifyを使うことができるようになった。オンキヨー、ソニー、テクニクス、デノン、パイオニア、パナソニック、BOSE、マランツ、ヤマハ、Google Chromecast、BMW、MINI、ボルボといったメーカーの製品に対応している。

  

音楽認識サービス「Shazam」とも連携

記者会見
記者説明会に臨むスポティファイジャパンの玉木一郎代表取締役

また、Spotifyは世界で10億ダウンロードを突破した音楽認識サービス「Shazam」ともパートナーシップを提携。Shazam は、周囲で流れている音楽をスマホのマイクで認識し、その曲名を検索してくれるアプリ。このアプリで見つけた楽曲をSpotifyで視聴したり、Spotify上のプレイリストに楽曲を追加したりできるという。

 

公式サイト

 

【関連リンク】

無料で4000万曲が聴き放題「Spotify」が日本上陸 使い方は

知ってる? 日本上陸間近『Spotify』が注目されているワケ。