「紀ノ国屋×JOURNAL STANDARD L’ESSAGE」のトートバッグや保冷バッグが付録に! 7月26日から販売開始

「紀ノ国屋」と「JOURNAL STANDARD L’ESSAGE」のコラボレーションで、ショッピングバッグやトートなどが登場します。『オトナミューズ 2024年9月号』と増刊、特別号にそれぞれ付属し、7月26日から販売されます。(サムネイル画像出典:宝島チャンネル)

「紀ノ国屋」と「JOURNAL STANDARD L’ESSAGE(ジャーナルスタンダード レサージュ)」のコラボレーション
「紀ノ国屋」と「JOURNAL STANDARD L’ESSAGE」のコラボレーション(画像出典:宝島チャンネル、以下同)
「紀ノ国屋」と「JOURNAL STANDARD L’ESSAGE(ジャーナルスタンダード レサージュ)」のコラボレーションで、ショッピングバッグやトート、保冷・保温バッグなどが登場します。

『オトナミューズ 2024年9月号』(宝島社、税込1480円)と増刊(宝島社、税込1580円)、特別号(宝島社、税込1890円)にそれぞれ付属し、7月26日から販売開始、現在宝島チャンネルにて予約受付中です。

『オトナミューズ 2024年9月号』には大人なショッピングバッグ

ショッピングバッグ
ショッピングバッグ
『オトナミューズ 2024年9月号』(宝島社、税込1480円)には、ショッピングバッグが付属。幅46(最大)×高さ36×厚さ14.5センチで、ワインボトルなども縦に入れられる大容量。ハンドル部分は肩掛けできる長さなので、持ち運びもしやすくなっています。

内側には保冷剤を入れられるポケット、口部分にはファスナーが付いているので、しっかり保温・保冷できます。使用しないときは折りたたんで、内側に付いているゴムでまとめてコンパクトにしておくこともできます。

増刊にはゴールドロゴが輝くチェック柄トート&保冷・保温バッグ

トートと保冷・保温バッグ
トートと保冷・保温バッグ
『オトナミューズ 2024年9月号増刊』(宝島社、税込1580円)には、トートと保冷・保温バッグが付属。

グレンチェック柄のトートは、幅35×高さ34×厚さ10センチで、ゴールドのロゴが映えます。本誌付属のバッグと同様に、使用しないときは内側に付いているゴムでまとめられます。

ブラックにゴールドロゴがアクセントになっている保冷保温バッグは、幅22.5×高さ27×厚さ14センチで、500ミリリットル缶が6本も入ります。

特別号には保冷・保温ステンレスボトル

保冷・保温ステンレスボトル
保冷・保温ステンレスボトル
さらに、書店やネット書店で販売される『オトナミューズ 2024年9月号特別号』(宝島社、税込1890円)には、真空断熱二層構造のステンレスボトルが付属。シックなチャコールグレーのボディに、ブルーグレーのロゴが映える大人なデザイン。

容量は300ミリリットルで、持ち運ぶのにちょうどいいサイズです。

宝島チャンネルで予約受付中

『オトナミューズ 2024年9月号』および増刊、特別号は、いずれも「宝島チャンネル」で予約を開始しています。

通常、予約商品と他商品を一緒に注文した場合、最も発売日の遅い商品に合わせての一括配送になりますが、これらは同日発売となるため、一括発送で同時に入手できます。気になる人はぜひチェックしてみてください。
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『魔女の宅急便』のマックのCMにそっくり? 映画『化け猫あんずちゃん』のかわいいだけじゃない魅力

  • アラサーが考える恋愛とお金

    子を持たない=キャリア志向と思われる日本社会。少子化対策が「全ての働く女性」に向けられる息苦しさ

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「インフラ、コンビニ、自動販売機」留学中の20代ロシア人男性が感じる、“日本ならでは”の特徴

  • どうする学校?どうなの保護者?

    「PTAがないと保護者は学校や行政に要望できない」はホント? 思い込みが要望の実現を妨げる例も