『アンメット』監督、最終回の撮影裏側を明かし大反響! 「こんな細かな努力があったとは…」

ドラマ『アンメット ある脳外科医の日記』で監督を務めたYuki Saitoさんは6月26日、自身のXを更新。最終回撮影の裏側を明かし、視聴者から絶賛の声が集まりました。(サムネイル画像出典:『アンメット ある脳外科医の日記』公式Xより)

ドラマ『アンメット ある脳外科医の日記』(カンテレ・フジテレビ系)で監督を務めたYuki Saitoさんは6月26日、自身のX(旧Twitter)を更新。最終回撮影の裏側を明かしました。

【実際の投稿:『アンメット』監督、最終回の撮影裏側を明かす】

「だからこんなにアンメットの虜になるんです」

Yuki Saitoさんは「#アンメット裏日記」とつづり、同ドラマ撮影の裏側を明かしました。最終回で話題になった2つのシーンの撮影について語っています。

1つ目は、三瓶友治(若葉竜也さん)が朝起きてから、川内ミヤビ(杉咲花さん)の日記を読むシーン。「15分間長回しの1カットで撮影しました。若葉くんの台本に書かれた手紙や日記の内容、手紙の所在は一切伏せて、段取りも代役で行っての一発勝負でした!」と明かしました。若葉さんには本番の時に初めて日記や手紙の内容を見てもらい、生のリアクションを撮影したといいます。

2つ目は、ミヤビが朝目覚めず、三瓶や森陽南子(山谷花純さん)がミヤビに触れるシーン。「ここも段取りは代役で、低体温症を体感させる為に、杉咲花さんはこっそり自分の身体をアイスで冷やしてました。あれもまた生のリアクション」とつづりました。ミヤビに触れた森が「冷たい」とつぶやくシーンでしたが、あのセリフには素の反応も含まれていたのですね。自身の体をアイスで冷やす行為に、杉咲さんの役者魂を感じます。

コメントでは、「それであの若葉さんの演技が生まれたのですね」「こんなことドラマの撮影であるんですか」「手紙を見つけた時の三瓶先生の反応がめちゃくちゃリアルで、すごい心に残っていたのですが、そう言うことだったのですね」「だからこんなにアンメットの虜になるんです」「そんな裏話があったんですね」「こんな細かな努力があったとは…」など、ドラマ撮影のこだわりに絶賛の声が集まりました。

『アンメット』のオフショットは公式Xをチェック

6月24日に最終回を迎えた同ドラマ。監督のXだけでなく、ドラマの公式Xでも裏話やオフショットが公開されています。『アンメット』ロスになっている人もいると思いますが、裏話やオフショットで余韻に浸ってみてください。11月には同ドラマのBlu-ray&DVD BOXの発売が決定しています。先着予約特典もあるようなので、気になる人はぜひ早めにチェックしてみてください。
 
 
アンメット ある脳外科医の日記  Blu-ray BOX [Blu-ray]
アンメット ある脳外科医の日記  Blu-ray BOX [Blu-ray]
次ページ
Yuki Saitoさんの『アンメット』撮影裏話を見る!
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「インフラ、コンビニ、自動販売機」留学中の20代ロシア人男性が感じる、“日本ならでは”の特徴

  • どうする学校?どうなの保護者?

    「PTAがないと保護者は学校や行政に要望できない」はホント? 思い込みが要望の実現を妨げる例も

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    国鉄特急を回顧する写真展を鉄道博物館で開催! 今はなき「絵入りトレインマーク」も展示

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『先生の白い嘘』のインティマシー・コーディネーター不在を改めて考える。「入れれば万事OK」ではない