【20日最終回】木村拓哉主演『Believe-君にかける橋-』の真の黒幕は誰? 裏で糸を引く都知事の真意とは

木村拓哉主演『Believe-君にかける橋-』が、ついに最終回を迎えます。刑務所から脱獄を図り逃走を続ける狩山(木村拓哉)は、事故の真相を暴くことができるのでしょうか? これまでのあらすじを振り返ります。

豪華キャストで話題を呼んだ木村拓哉さん主演『Believe-君にかける橋-』(テレビ朝日系)がついに今夜、最終回を迎えます。木村さんが演じる、刑務所から脱獄を図り逃走を続ける狩山陸は、事故の真相を暴くことができるのでしょうか……?

これまでのあらすじと見どころを一気におさらい

「龍神大橋」設計の責任者を担当していた、帝和建設の狩山陸(木村拓哉)。しかし完成した橋は崩落してしまい、狩山はその責任を被ってほしいと社長の磯田典孝(小日向文世)に頼まれ、会社のためにと受け入れてしまいます。思っていた以上に重い実刑を受けた狩山は刑務所に入りますが、妻の玲子(天海祐希)ががんで余命わずかと聞き、脱獄を図ります。
シーン1
自宅で再逮捕されてしまった狩山(木村拓哉)はこの後どう動くのか

狩山は、当時の部下で最も信用を置いていた南雲大樹(一ノ瀬颯)に、狩山の設計が事故の原因ではない証拠のデータを預けていましたが、そのデータは狩山の弁護士・秋澤良人(斎藤工)と社長らによって削除されてしまいます。秋澤を信じていた狩山は事実を知って彼を自分の担当弁護士から解雇。真実を暴くため、逃走を続けます。

都知事、社長、刑務官……真の黒幕は誰なのか

狩山が刑務所から逃走を図る際、それを見逃してくれた刑務官の林一夫(上川隆也)は、実は現都知事・榛名文江(賀来千香子)の学生時代の先輩でした。2人は“グル”になり、わざと狩山を逃走させたのです。その意図は何なのか……。
2
兄弟の謎の死の真相を暴くため、狩山と共に事件を追う刑事の黒木(竹内涼真)はどうなる?
また、狩山を追う刑事の黒木正興(竹内涼真)は、龍神大橋崩落事故で亡くなった下請け会社の社員・若松(竹内涼真・ダブルキャスト)の双子の兄弟で、事故の裏にはもっと強大な力が働いていることを独自に突き止めます。黒木の協力により新事実をつかんでいく狩山は、最終回で事故の全ぼうを暴き出すことができるのでしょうか。  

橋はなぜ故意に壊されたのか。大きなわなにはめられた狩山の本当の味方は?

黒木と狩山の捜査により、龍神大橋は故意的に崩落させられた事故だったことが分かります。一体誰が、なぜそんな事故を起こしたのか。そして、裏で糸を引いている都知事の真意は何なのでしょうか。
3
敵か味方か。社長と手を組みながらも狩山に近づく弁護士の秋澤(斎藤工)の動向も見逃せない

探れば探るほど裏がありそうな事件の真相を突き止めるため、狩山は磯田社長に事故の全ぼうをマスコミに明かすように迫り、起死回生を図ります。一方、狩山の鬼気迫る覚悟を感じ取った玲子も、ある「決意」を固めることに。

充実感あふれる笑顔で全キャストがオールアップ! 喜びのコメント

4
全ての撮影を終え、オールアップを祝う木村拓哉さんと天海祐希さん
今回、刑務所から逃走する脱獄犯という初めての役どころを演じた木村さん。オールアップの現場では「この作品の大きなテーマは、いかに人を信じることができるか。狩山はいろんな方と出会い、いろんな人に裏切られますが、演じる上ではまず『人のことを信じる』作業から入っていきました。今回の撮影現場では『信頼』に値する存在がいてくれることの豊かさを、非常に感じさせていただきました。信じて頼ることができる現場と共演者に恵まれた自分がとても誇らしいです」と語りました。

また、狩山の顧問弁護士でありながら、帝和建設の磯田社長と密通していた秋澤を演じた斎藤工さんは「第8話のラストで狩山夫婦のシークエンスを見て、“人間にしかできない何か”に挑んできた作品なんだなと感じました。木村さんを船頭にした、そんな船の一員になれて光栄です。狩山と秋澤には最初からかなり“誤差”がありましたが、撮影自体は“誤差なし”で取り組ませていただきました」と笑顔で振り返りました。
 
さまざまな人物の思惑により一層複雑に絡み合っていく、真実を巡る戦い。最終回で事件の真相はどう暴かれるのか、楽しみですね!
『Believe-君にかける橋-』
『Believe-君にかける橋-』
テレビ朝日開局65周年記念
木曜ドラマ『Believe-君にかける橋-』
6月20日 21~22時9分放送 ※15分拡大スペシャル
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『魔女の宅急便』のマックのCMにそっくり? 映画『化け猫あんずちゃん』のかわいいだけじゃない魅力

  • アラサーが考える恋愛とお金

    子を持たない=キャリア志向と思われる日本社会。少子化対策が「全ての働く女性」に向けられる息苦しさ

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「インフラ、コンビニ、自動販売機」留学中の20代ロシア人男性が感じる、“日本ならでは”の特徴

  • どうする学校?どうなの保護者?

    「PTAがないと保護者は学校や行政に要望できない」はホント? 思い込みが要望の実現を妨げる例も