【ローソン】「盛りすぎチャレンジ」再来! お値段そのまま47%増量の“でからあげクン”も登場

2024年6月で49周年を迎えるローソン。6月は創業祭としてさまざまな種類のおトクなキャンペーンが実施されます。中でも注目は「盛りすぎチャレンジ」の再来! 6月10日より開始のおトクなチャンスをたっぷり楽しんで!(サムネイル画像出典:プレスリリース)

「盛りすぎチャレンジ」がまたまた戻ってきます!
「盛りすぎチャレンジ」がまたまた戻ってきます!(画像出典:プレスリリース)
2024年6月で49周年を迎えるローソン。6月は創業祭としてさまざまな種類のおトクなキャンペーンが実施されます。

中でも注目は「盛りすぎチャレンジ」の再来! 今回も対象商品が盛りだくさんです。順番に紹介していきますので、覚悟して確認してみてくださいね。

期間共通! あの商品も盛りすぎでおトク!

「盛りすぎチャレンジ」は、6月10・11日の第1週と6月17・18日からの第2週に分かれており、それぞれいろいろな商品が登場しますが、期間通しての商品もあります。

でからあげクン チーズレッド味 6個入(税込248円)

でからあげクン チーズレッド味 6個入(税込248円)
でからあげクン チーズレッド味 6個入(税込248円)
衣がチーズで中身はレッドの、普段より大きい「でからあげクン」が登場! しかもレギュラーでは5個入りのところが6個入!
※ナチュラルローソンでの取扱なし

まちかど厨房 新宿中村屋監修カツカレー(税込646円)

まちかど厨房 新宿中村屋監修カツカレー(税込646円)
まちかど厨房 新宿中村屋監修カツカレー(税込646円)
新宿中村屋監修のカツカレーは、ジューシーで柔らかく、肉本来の旨みがある味わいが特長の三元豚ロースがなんと1個増量! 一目で増量感が味わえますね。

マチカフェ メガアイスコーヒーが100円引!

マチカフェ メガアイスコーヒーが100円引!
マチカフェ メガアイスコーヒーが100円引!
もともと「盛りすぎ!」なメガアイスコーヒーの割引? と思うかもしれませんが、税込320円が100円引きとなることで、税込220円。なんとアイスコーヒーMサイズと同じ値段に。ということはアイスコーヒーMの「盛りすぎ!」ということ。

第1週はあの人気商品が47%も増量!

6月10・11日からの第1週「盛りすぎ!」はあの人気商品も入った4種類。

Uchi café 盛りすぎ! バスチー -バスク風チーズケーキ-(税込286円)

Uchi café 盛りすぎ! バスチー -バスク風チーズケーキ-(税込286円)
Uchi café 盛りすぎ! バスチー -バスク風チーズケーキ-(税込286円)
「盛りすぎ!」の先陣を切るのは、人気商品のバスチー! 6月10日夕方ごろから販売されます。北海道産生クリームと3種類のクリームチーズ、牛乳を使用し、焼き工程の火力を上下で変えることで、滑らかな食感と表面のカラメルの香ばしさの両方を楽しめます。

盛りすぎ! 牛肉入りカレーパン (税込149円)

盛りすぎ! 牛肉入りカレーパン (税込149円)
盛りすぎ! 牛肉入りカレーパン (税込149円)
6月11日から登場の「牛肉入りカレーパン」は、さくっとした衣にもっちりな生地。芳醇(ほうじゅん)なカレーの香りが楽しめるカレーパンです。
※北海道エリアでは、6月10日夕方ごろ発売
※沖縄エリアでは、「盛りすぎ!揚げビーフカレーパン」を発売

盛りすぎ! ハムサンド(税込343円)

盛りすぎ! ハムサンド(税込343円)
盛りすぎ! ハムサンド(税込343円)
同じく11日からの「ハムサンド」は旨みあるハムだけががっつり増量!きゅうりの食感とからしマヨネーズが味わいのアクセントです。
※ナチュラルローソンでは取扱なし

盛りすぎ! 和風シーチキン(R)マヨネーズおにぎり(税込149円)

盛りすぎ! 和風シーチキン(R)マヨネーズおにぎり(税込149円)
盛りすぎ! 和風シーチキン(R)マヨネーズおにぎり(税込149円)
同じく11日からの「和風シーチキン(R)マヨネーズおにぎり」は、盛りすぎてもはやビジュアルもなんか違う……!? 出汁としょうゆベースのたれをあわせて炊いたご飯に、シーチキンマヨネーズ入っています。
※ナチュラルローソンでは取扱なし
次ページ
第2週は定番スイーツが盛りすぎに! SNSキャンペーンも実施
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    引退する「ドクターイエロー」。座席数、ねぐら、後継車両…実はあまり知られていない7つの秘密

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    「失礼なことを聞くようだけど……」外国人が不思議に思う、日本人女性の徹底した「白肌信仰」

  • 世界を知れば日本が見える

    サウナが根付く国の人々は「控えめでシャイ」。大統領も認める、日本人とフィンランド人の意外な親和性

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『ルックバック』や『帰ってきた あぶない刑事』も。2024年の「バディ映画」から見えてくる多様性と変化