深田えいみ、布面積少なめ水着姿で横乳あらわ! 「横からポロリしそう」「貴女の身体の方が凄い」

セクシー女優の深田えいみさんは6月6日、自身のInstagramを更新。水着姿を披露しました。コメントでは「わしづかみしてみたいですね」といった声が上がっています。(サムネイル画像出典:深田えいみさん公式Instagramより)

セクシー女優の深田えいみさんは6月6日、自身のInstagramを更新。水着姿を披露しました。

【実際の投稿:深田えいみ、セクシーな水着姿を披露!】

「めちゃセクシーですね」

深田さんは「この水着なんか凄くないですか??」とつづり、自身の動画1本を載せています。セクシーなデザインの水着を着用した姿です。おなかが大きく開き、サイズも小さめ。きれいなボディが際立ち、横乳がはみ出てしまっています。とてもセクシーです。

コメントでは「貴女の身体の方が凄いですけど」「横からポロリしそう」「迫力満点」「メチャ可愛い」「そそられますたまりません」「横がヤバい」「水着以上にえいみさんが凄い」「めちゃセクシーですね」「おっぱいぶれとる」「わしづかみしてみたいですね」「すんげ〜」「エロ可愛い」と、称賛の声が多数上がりました。

翌日にも同じ水着姿を披露!

深田さんは7日の投稿でも同じ水着姿を披露。こちらは全身ショットで、下半身まで見えています。とても際どい姿です。今後も、深田さんのセクシーショットに期待したいですね!
 
次ページ
深田えいみさんの水着姿を見る!
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    引退する「ドクターイエロー」。座席数、ねぐら、後継車両…実はあまり知られていない7つの秘密

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    「失礼なことを聞くようだけど……」外国人が不思議に思う、日本人女性の徹底した「白肌信仰」

  • 世界を知れば日本が見える

    サウナが根付く国の人々は「控えめでシャイ」。大統領も認める、日本人とフィンランド人の意外な親和性

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『ルックバック』や『帰ってきた あぶない刑事』も。2024年の「バディ映画」から見えてくる多様性と変化