Z世代が選ぶ「2024年上半期に流行ったアーティスト」ランキング! 2位「Creepy Nuts」、1位は?

Z総研は、Z世代の626人を対象にトレンド調査を行い、「Z総研2024年上半期トレンドランキング」を発表。その調査結果の中から、Z世代が選ぶ「流行ったアーティスト」ランキングを紹介します!(サムネイル画像:Creepy Nuts公式Instagramより)

Z総研は4月26日~5月6日の期間、Z世代の626人を対象にトレンド調査を行い、「Z総研2024年上半期トレンドランキング」を発表。今回はそのアンケート調査結果から、Z世代が選ぶ「流行ったアーティスト」をランキング形式で紹介します。

>10位までのランキング結果を見る

2位:Creepy Nuts


2位にランクインしたのは、Creepy Nuts。ラッパーのR-指定さんとターンテーブリストのDJ松永さんからなるヒップホップ・ユニットです。

2017年にシングル『高校デビュー、大学デビュー、全部失敗したけどメジャーデビュー。』でメジャーデビューを果たし、その後はテレビやラジオ番組でも活動の幅を広げました。2024年1月に配信リリースされた『Bling-Bang-Bang-Born』はSNSなどを通じて話題を呼び、5月にはストリーミング累計再生数3億回を突破。

回答者からは、「ラップうますぎる(17歳/高校3年生/東京都)」といったコメントが挙がりました。

1位:Mrs. GREEN APPLE


最も多くの支持を集めたのは、Mrs. GREEN APPLEでした。

2022年からは大森元貴さん、若井滉斗さん、藤澤涼架さんの3人体制で活動。2023年には『第74回NHK紅白歌合戦』に初出場を果たし、2022年にリリースした『ダンスホール』を披露しました。

2024年は1月に新曲『ナハトムジーク』をリリースしたほか、5月には、6月公開の映画『ディア・ファミリー』の主題歌として書き下ろした『Dear』も配信リリース。

Mrs. GREEN APPLEを選んだ回答者からは、「ほとんどの曲聞いたことあるくらい好き(21歳/大学4年生/東京都)」などのコメントが集まりました。


※回答者のコメントは原文ママです
次ページ
10位までの全ランキング結果を見る
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    引退する「ドクターイエロー」。座席数、ねぐら、後継車両…実はあまり知られていない7つの秘密

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    「失礼なことを聞くようだけど……」外国人が不思議に思う、日本人女性の徹底した「白肌信仰」

  • 世界を知れば日本が見える

    サウナが根付く国の人々は「控えめでシャイ」。大統領も認める、日本人とフィンランド人の意外な親和性

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『ルックバック』や『帰ってきた あぶない刑事』も。2024年の「バディ映画」から見えてくる多様性と変化