「パーソナルスペースに敏感ではない都道府県」ランキング、2位は「山形県」。1位は?

Preplyは、全国47都道府県在住の20〜59歳の4700人を対象に「パーソナルスペース」に関するアンケートを実施し、5月24日にその結果を発表しました。「パーソナルスペースに敏感ではない都道府県」のランキング2位は「山形県」、1位は?

都道府県別、パーソナルスペースへの意識
都道府県別、パーソナルスペースへの意識
オンライン語学学習プラットフォームを提供するPreplyは、全国47都道府県在住の20〜59歳の4700人を対象に「パーソナルスペース」に関するアンケートを実施し、5月24日にその結果を発表しました。

本記事では「パーソナルスペースに敏感ではない都道府県」のランキングを紹介します。
 
>10位までのランキング結果を見る

2位:山形県

2位は「山形県」でした。Preplyによると、山形県はパーソナルスペースに対して比較的寛容な地域であることが分かりました。

人口密度だけでなく、都道府県ごとの環境や習慣もパーソナルスペースへの考え方に影響を与えていると推察されるそうです。

1位:京都府

1位は「京都府」でした。京都府は日本有数の観光地で、国内外から多くの観光客が訪れます。

Preplyは、人々が他者との交流を積極的に求める文化が根付いていることが、パーソナルスペースに影響を与えている可能性があると分析しています。
次ページ
10位までのランキング結果を見る
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    引退する「ドクターイエロー」。座席数、ねぐら、後継車両…実はあまり知られていない7つの秘密

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    「失礼なことを聞くようだけど……」外国人が不思議に思う、日本人女性の徹底した「白肌信仰」

  • 世界を知れば日本が見える

    サウナが根付く国の人々は「控えめでシャイ」。大統領も認める、日本人とフィンランド人の意外な親和性

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『ルックバック』や『帰ってきた あぶない刑事』も。2024年の「バディ映画」から見えてくる多様性と変化