【スターバックス】ポップなデザインの新コレクションが登場! トートバッグなどが5月29日から発売

スターバックスから、サステナブルでポップなデザインの新コレクションが登場。タンブラーのほか、ノートやトートバッグなどのライフスタイルグッズもラインアップ。5月29日より販売されます。(サムネイル画像出典:スターバックスプレスリリース)

サステナブルでポップなデザインの新コレクションが登場!
サステナブルでポップなデザインの新コレクションが登場!(画像出典:スターバックスプレスリリース、以下同)
スターバックスから、リサイクル素材やバイオベースの素材を活用した新コレクションが登場。全国のスターバックス(一部店舗を除く)にて、5月29日より販売されます。

カラフルにデザインされた動物たちのイラスト

心弾むカラフルなデザイン
心弾むカラフルなデザイン
新コレクションのアートワークは、東京を拠点に活躍するイラストレーターSHOGO SEKINEさんによるもの。

スターバックスの「コーヒーが絶えることのないサステナブルな未来への想い」を込めて、コーヒーチェリーや、3大コーヒー生産地を象徴する動物「ケツァール」「アフリカゾウ」「スマトラタイガー」の3匹が描かれています。

バリエーション豊富な全13アイテムが登場!

今回登場となったグッズはいずれも、コレクションのキーワードである「サステナブル」に基づきリサイクル素材を使用しています。しかし、ただリサイクルしているだけではなく、機能性にも注目。保温・保冷性に優れたステンレス、涼やかな見た目のガラス、軽量で持ち運びがしやすいポリプロピレンなど、ドリンクウエアの仕様に合わせて適した素材が選ばれています。今回はその中からいくつか紹介します。

リサイクルコットントートバッグ

リサイクルコットントートバッグ(税込3600円)
リサイクルコットントートバッグ(税込3600円)
リサイクルコットントートバッグ(税込3600円)は、今回のモチーフの色鮮やかな刺しゅうが施されています。表面には「アフリカゾウ」「スマトラタイガー」がいるポップなデザイン、裏面はカラーリングはそのままに、「ケツァール」と「STARBUCKS」の文字のみが描かれたシンプルなデザインです。

サイズは、幅39.0×奥行き9.0×高さ37.0センチの大判サイズ。内側にはボトルホルダーとオープンポケットもあるため、少なめの荷物でも中身が踊らなそうです。本体生地にはリサイクルコットンが約65%使用されています。

リサイクルポリエステルステーショナリーポーチ

リサイクルポリエステルステーショナリーポーチ(税込2600円)
リサイクルポリエステルステーショナリーポーチ(税込2600円)
リサイクルポリエステルステーショナリーポーチ(税込2600円)は、幅20.0×奥行き2.5×高さ26.5センチのサイズで、同コレクションのA5サイズノート『スターバックスキャンパスリングノート ホワイトグリーン / ベージュブルー』がぴったりと入ります。内生地にはリサイクルポリエステルが使用されています。

カーヴドリサイクルステンレスボトル(ホワイト/ベージュ)

カーヴドリサイクルステンレスボトル(ホワイト/ベージュ、各税込4700円)
カーヴドリサイクルステンレスボトル(ホワイト/ベージュ、各税込4700円)
カーヴドリサイクルステンレスボトル(ホワイト/ベージュ、各税込4700円)は、本体にリサイクルステンレスを約80%使用。ふた部分にはスターバックスのシンボルが刻印されています。真空二重構造ステンレスで保温・保冷性に優れており、355ミリリットル入ります。さらに、好きなドリンク1杯を無料で楽しめるチケットが付いてきます。

他にも、タンブラーやマグカップなど全13アイテムが登場。おそろいのポップなアートワークでデザインされているので、合わせて使ってみたくなりますね。

購入は実店舗&オンラインストアで

サステナブルでポップなデザインの新コレクションが登場!
サステナブルでポップなデザインの新コレクションが登場!
新コレクションは5月29日より、全国のスターバックス店舗(一部店舗を除く)とスターバックス公式オンラインストアにて販売されます。(『バイオベースPPリユーザブルコールドカップ473ml』は店頭販売のみ)

新コレクションが出るたび、売り切れ続出のスターバックスのグッズ。気になる人はぜひ早めにチェックしてみてください。

■取り扱い店舗
全国のスターバックス店舗(一部店舗を除く)、スターバックス公式オンラインストア

■販売期間
5月29日~ なくなり次第終了
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    「倍速視聴とスキップ」「ながら見」をしてしまう理由は? 新卒社員の本音に、映画オタクが“ガチ回答”

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    羽田空港行きの1番列車が発車! 外観も車内も“台湾づくし”の京急「ビビビビ!台湾号」運行開始

  • 世界を知れば日本が見える

    「iPhoneに盗聴されている気がする」会話内容が広告表示されるのは“錯覚”か。デジタル広告の正体とは

  • どうする学校?どうなの保護者?

    「健診で服脱がされ…」保護者の投稿に、「タダ働き同然なのに」と医師ら反発 背景にPTAにもある理不尽