左気胸発症の長渕剛、病室から現状を報告「回復に向かってるから大丈夫!」。6月にはライブを控える

歌手の長渕剛さんは5月7日、自身のInstagramを更新。病室から現状を報告し、「ごめんね。早く治すよ!」とのことです。(サムネイル画像出典:長渕剛さん公式Instagramより)

歌手の長渕剛さんは5月7日、自身のInstagramを更新。病室から現状を報告しました。

【実際の投稿:長渕剛、病室からの元気そうな発信】

「たくさんの心配のメールありがとう」

長渕さんは「今、病室から!」と書き出し、「回復に向かってるから大丈夫!」と報告しました。同日、公式Webサイトにて「この度、長渕剛が左気胸を発症し、4週間の療養が必要」と発表があったばかりだったので、ファンを心配させないためにInstagramを更新したのでしょう。

投稿では「みんなからたくさんの心配のメールありがとう。明後日名古屋プロモーション行く予定だったんだけど、ごめんね。早く治すよ!」と、ファンへの感謝と謝罪もつづりました。また載せられた1枚の写真には、時計が写されており、時刻は20時30分を少し過ぎたところです。

6月からはライブも開催予定

今回の左気胸発症により、長渕さんは9日に開催予定だったイベントのゲスト出演を見合わせることに。6月からは、大阪、福岡、鹿児島、愛知、広島、東京を巡るライブを開催予定ですが、そのときまでに完治できるのでしょうか。今後も長渕さんの動向を注視したいですね。
 
次ページ
長渕さんの普段の投稿も見る
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」