『366日』第1話 眞栄田郷敦、ラスト1分の衝撃展開に「五感を失うかも」と“きみここ”悲劇をほうふつ

4月8日より放送スタートしたドラマ『366日』第1話のストーリーをおさらいしつつ、今後の見どころに迫ります。(画像出典:フジテレビ系『366日』公式Webサイト)

広瀬アリスさんが主演するフジテレビ系月9ドラマ『366日』が4月8日より放送スタートしました。第1話ラストの衝撃展開と広瀬さんのX(旧Twitter)での反応に話題が殺到。ストーリーをおさらいしつつ、SNSに寄せられた反響とともに今後の見どころを紹介します。

366日
画像出典:フジテレビ『366日』公式Webサイト

第1話のあらすじ

音楽教室で受付事務として働く28歳の雪平明日香(広瀬アリス)。高校時代は吹奏楽部でクラリネットを吹き、甲子園を目指す野球部の応援をしていました。同じ吹奏楽部の下田莉子(長濱ねる)、野球部の水野遥斗(眞栄田郷敦)、小川智也(坂東龍汰)、吉幡和樹(綱啓永)とはいつも一緒にいた親友同士ながら、高校卒業後は遥斗、和樹とは疎遠に。

ある日、莉子とともに母校の廃校を機に開かれた同窓会に参加した明日香。高校時代の記憶がよみがえる校内で懐かしむ中、遥斗と10年越しの再会を果たします。明日香には遥斗に思いを告げられないまま卒業したという苦い思い出が。実家がお好み焼屋で現在は飲食企業で働く遥斗は、この春から東京勤務になったと話します。

遥斗との再会以来、彼のことばかりを考えてしまう明日香。LINEを送ったものの返事はなく諦めムードの中、同級生の演劇を観に行った先で明日香と遥斗は再び遭遇。芝居後に2人で食事へ行きます。傷つかないために期待をしないように生きてきた明日香は、変わりたいと考えていました。遥斗への素直な思いを口にした明日香に対し、遥斗もまた明日香への気持ちを告白。

互いに高校時代から思いを寄せ合っていた2人は、「俺たち、ここから始めてみないか」という遥斗の告白から晴れて交際することに。会えずにいた10年間の出来事を夜通し語り合った明け方、引き寄せられるように手をつなぎ、キスを交わす2人。翌日、初デートの待ち合わせ場所へ向かう途中で遥斗は子どもを助けるため転落して頭を打ち、救急車で搬送され――。

366日
画像出典:フジテレビ『366日』公式Webサイト

『きみここ』の悲劇をほうふつとさせる衝撃ラスト

本作はHYの代表曲『366日』をモチーフに描かれた切なくはかないラブストーリー。楽曲の歌詞から想像するに、キュンキュンするだけでは終わらない悲恋が待ち受けているとは思っていたものの、ラストの衝撃展開には思わず目を覆いたくなる気持ちになりました。

10年越しの恋が実った瞬間に相手が事故に遭うという悲劇は、前クールの月9ドラマ『君が心をくれたから』(フジテレビ系)と同じ構図。永野芽郁さん演じるヒロイン・雨が山田裕貴さん演じる太陽の命を救う“奇跡”を得るため五感を捧げるという物語は記憶に浅く、X(旧Twitter)では「次回は明日香が遥斗を救うために五感を失います(違うそうじゃない)」「広瀬アリスが五感を失うかもしれないw」など“きみここ”に言及したコメントが続出しました。

「初っ端から重てぇ」「幸せ時間短すぎる」「遥斗の記憶なくなっちゃうとか?」「坂東くんも悲劇伏線あってツラい」「次回どうなるんだ」などのコメントが殺到する中、第2話ではどんな展開が待ち受けているのでしょうか。第2話では遥斗の事故に対し、「約束なんかしなければ……」と自分を責める明日香。“ポジティブおばけ”な遥斗に影響され、期待しないようにすぐ諦める自分を変えたいと願った明日香が、悲劇に立ち向かい、どのように心の成長を遂げていくのかにも注目です。

この記事の筆者:地子給 奈穂
編集・ライター歴17年。マンガ、小説、雑誌等の編集を経てフリーライターに転向後、グルメ、観光、ドラマレビューを中心に取材・執筆の傍ら、飲食企業のWeb戦略コンサルティングも行う。  

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 「婚活」の落とし穴

    「年の差婚」の限界点……男性40代×女性20代は結婚相談所でも0.5%のスーパーレア案件だった!

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在