最強だと思う「平成仮面ライダー」ランキング! 『仮面ライダージオウ』を抑えた、同率1位の2作品は?

All About ニュース編集部が全国10〜60代の男女279人を対象に実施した「平成仮面ライダーに関するアンケート」から、今回は「最強だと思う平成仮面ライダー」ランキングを紹介します。(サムネイル画像出典:『仮面ライダージオウ』公式Xより)

All About ニュース編集部は1月30日〜3月18日の間、全国10〜60代の男女279人を対象に、「平成仮面ライダー」に関するアンケートを実施しました。本記事では、「最強だと思う平成仮面ライダー」ランキングを発表します。早速、結果を見ていきましょう!

>9位までの全ランキング結果を見る

第3位:仮面ライダージオウ(44票)

3位は、『仮面ライダージオウ』でした!

2018年9月〜2019年8月まで放映されていた、最後の平成仮面ライダー。主人公の常磐ソウゴを演じたのは、俳優の奥野壮さんです。平成仮面ライダー20作品目を記念して製作された作品で、過去作のライダーたちが登場する夢の共演を実現し、話題になりました。

過去・現在・未来を行き来するタイムトラベルストーリーで、過去作のライダーたちは、当時の主演俳優が声優を担当したりなど、スケールの大きさと見応えのあるアクションシーンが高く評価されています。

自由回答を見ると、「歴代の平成ライダーの能力を使えるから」(50代男性/東京都)や、「平成仮面ライダーの集大成なのではないかと思う」(20代女性/埼玉県)といったコメントが寄せられていました。

第1位(同率):仮面ライダーディケイド(46票)

同率1位の1作品目は、『仮面ライダーディケイド』です!

2009年1月25日~8月30日まで放映。平成仮面ライダー10周年記念作品で、他のライダーと共闘したり、対決したりと見応えある内容でした。映画作品も公開された、シリーズ屈指の人気ライダーです。

自由回答を見ると、「どのライダーにも変身できる能力があります。後のライダーにも登場しては結構、重要な役どころで活躍する」(50代女性/茨城県)や、「やはり平成ライダーに変身できてしまうという点が、強い以外に他ありません。弱点がないのではと感じるような戦闘スタイルだと感じました」(20代女性/千葉県)といったコメントが寄せられていました。

第1位(同率):仮面ライダー電王(46票)

同率1位の2作品目は、『仮面ライダー電王』です!

2007年1月~2008年1月まで放映されていた、第8作目の平成仮面ライダー。個性豊かなイマジンを使える万能ライダーで、時間操作や過去介入といった特殊能力も相まって、シリーズ最強と評価するファンも少なくないようです。主人公を演じた佐藤健さんの出世作でもあります。

自由回答を見ると、「いろんなイマジンと合体(?)になれる良太郎が強いとおもったので」(30代女性/愛知県)や、「イマジンの乗り移られたライダーに変身する前の姿も数多く見られて、私の中では電王が最強だと思っています」(40代女性/宮城県)といったコメントが寄せられていまいた。

※コメントは全て原文ママです

この記事の筆者:斉藤 雄二 プロフィール
新潟出身、静岡在住の元プロドラマー。ライター執筆歴は約8年。趣味は読書とフィットネスとfiat500でドライブに出かけること。最近はeSportsの試合観戦が楽しみです。メインMCを担当するPodcast番組「だいたい二畳半|ホントは面白い住まいの話」をSpotifyやApplePodcastで配信中!

次ページ
9位までの全ランキング結果を見る
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」