世帯年収1900万円・子2人「同じ生活なのに支出が1.5倍」港区在住32歳女性に聞くリアルな1カ月の家計簿

All About ニュース編集部が2月28日~3月7日に実施した「毎月の支出額・内訳」に関するアンケートから、リアルな生活収支の実態を紹介します。今回は、東京都港区に住む、32歳女性世帯の生活実態です。

物価や光熱費の高騰、それでも賃金は上がらない現状などによって、以前より生活が苦しく感じる人も多いのではないでしょうか。

All About ニュース編集部が2月28日~3月7日に行った「毎月の支出額・内訳」に関するアンケートから、リアルな生活収支の実態を紹介します。自分の収支状況・内訳と照らし合わせるなど、生活の参考にしてみてください。

32歳・世帯年収1900万円「同じ生活なのに支出が1.5倍以上に」

世帯年収1900万円の暮らし
東京都港区、4人家族の生活
今回は、東京都港区に住む、32歳女性の世帯の生活実態です。

子どもが2人の4人家族で、夫の年収1000万円と自身の年収900万円で家計をやりくりしているとのこと。生活について、「なんでも価格が高騰していますが、特に食品の値段とホテルや航空券の価格が上がりすぎていると思います。以前と同じような生活をしているのに、支出が1.5倍以上増えました」と話します。

家賃や食費、光熱費など、リアルな収支状況とやりくりのポイントは?

家賃や食費、光熱費など、主な1カ月の出費内訳は以下です。

■東京都港区、32歳女性世帯の場合
年収:夫1000万円、妻900万円
住宅ローン:なし
間取り:4LDK
食費:8万円
交際費:10万円
電気代:1万2000円
ガス代:オール電化のためなし
水道代(2カ月での請求額):8000円
通信費:1万5000円
車:10万円(駐車場代7万円、その他はガソリン・保険・メンテナンス費)
その他:旅行(国内なら10〜20万円、海外なら30〜100万円)
貯蓄に回す金額:70万円

今後については、「子供が独立したら、なんでも高い東京都心ではなく、(日本に住むなら)地方都市に引っ越す予定です。海外に完全移住するかもしれません」とコメント。

生活のやりくりのポイントや節約術を聞くと、「私の給料ははじめから無いと考えて、できるだけ多く貯金しています。以前は外食が多く、デパ地下の惣菜やスイーツなどを頻繁に購入していました。今は、ほぼ全ての食事やデザートを自分で手作りしています。圧力鍋やスロークッカーを使い、電気代も前より低くなりました」と教えてくれました。


※回答者コメントは原文ママです
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    ツッコミどころ満載で愛される『名探偵コナン 紺青の拳』、気になる5つのシーンを全力でツッコんでみた

  • どうする学校?どうなの保護者?

    【PTA免除の儀式】固まる母親を見かね「もうやめませんか?」声をあげた父親に何が起きたか

  • 世界を知れば日本が見える

    大谷翔平選手に「忖度」がないアメリカ。メディアで言及される“矛盾点”を時系列順に整理した

  • AIに負けない子の育て方

    2024年の中学入試は「弱気受験」だったというが…受験者増の人気校に見る、中受親の変化