『さよならマエストロ』第9話 父 西島秀俊&娘 芦田愛菜、5年ぶりの和解シーンに「号泣すぎる」の声

3月10日に放送されたドラマ『さよならマエストロ~父と私のアパッシオナート~』第9話のストーリーをおさらいしつつ、最終回の見どころに迫ります。(画像出典:TBS『さよならマエストロ~父と私のアパッシオナート~』公式Webサイト)

西島秀俊さん、芦田愛菜さんが共演するドラマ『さよならマエストロ~父と私のアパッシオナート~』(TBS系)。3月10日放送の第9話では、父と娘についに和解の時が訪れ、視聴者を感動の渦に。ストーリーをおさらいしつつ、SNSで話題のコメントとともに次週最終回の見どころを紹介します。


>前回(第8話)のあらすじはこちら

さよならマエストロ
画像出典:TBS『さよならマエストロ~父と私のアパッシオナート~』公式Webサイト

第9話のあらすじ

晴見フィルが仙台オーケストラフェスティバルに参加できることになり、再び皆で演奏できることを喜ぶ古谷(玉山鉄二)ら団員たち。俊平(西島秀俊)のもとにはドイツのシュナイダー先生から譜面が届き、インスピレーションを受けた俊平は曲作りに没頭。晴見フィルで最初に即興演奏した曲をシンフォニーに仕上げます。

瑠李(新木優子)の尽力で練習会場が見つかり、晴見フィルは熱海にある保養施設で音楽合宿をすることに。響(芦田愛菜)も大輝(宮沢氷魚)に誘われて現地へ。響はひょんなことからシュナイダー先生が俊平に宛てた手紙を読み、俊平が5年前に指揮者を辞めたのは最愛の娘・響の心を失い、自身の心にも穴が空いてしまったからだと知ります。

父と共演することを夢見ていた響はかつて、指揮者の娘という恵まれた環境にいながら、歳を重ねるにつれライバルたちに勝てないことに焦燥。ギリギリの精神状態で練習を重ねて臨んだコンクールで最高の演奏をしたものの、俊平が「ここを直せばもっといい演奏ができる」と放った些細な指摘で心が折れてしまったのです。響は俊平のせいで音楽が嫌いになったと責め立て、その日を境に俊平は指揮者を辞めたのでした。

5年間、未開封だった俊平からの手紙を読んだ響は、父と向き合うことを決意。「一緒に演奏する」という約束をかなえるためバイオリンを出し、俊平のピアノ演奏に合わせて協奏します。互いに傷つけたことを謝り合った2人。「もう大丈夫だよ、パパ。私もパパも長いお休みは終わり。前に進もう」と響。そんな2人の雪解けを、海(大西利空)は涙ながらひそかに見守るのでした。

さよならマエストロ
画像出典:TBS『さよならマエストロ~父と私のアパッシオナート~』公式Webサイト

俊平と響、5年ぶりの和解に視聴者号泣

プレッシャーに心が折れて音楽を辞めていた響が、「またバイオリン弾いていいのかな」と再開宣言。響は赤ん坊の頃からずっと音楽家だと返す俊平。父と娘にようやく訪れた雪解けシーンは、視聴者を感動の渦に巻き込みました。

X(旧Twitter)では、「やっと5年間の長いお休みが終わったんだね…おかえり、響ちゃん、マエストロ…!」「響とパパのシーン号泣すぎる」「最後のシーンがち感動。海くんもそっと泣いてて、より泣いちゃった」「まちがいは誰にでもあるけど、取り戻すことも出来るよね。泣いた〜」「一度関係が悪くなった親にこんなふうにきちんと前向きな言葉を言える響、すごく大人。思っていたとしても恥ずかしいとかでなかなか言えるもんじゃない」などのコメントが殺到しています。

次週はいよいよ最終回。仙台のオケフェスに向けて遠征資金集めに奮闘する晴見フィルの団員たち。晴見フィルが存続する方法がないか模索し始める一方、俊平は志帆のもとを訪ね、響との和解報告とともに正直な気持ちを伝えます。そんな中、ドイツのシュナイダー先生が倒れたと連絡が入り――。晴見フィルの行く末、“お休み”を終えた俊平が決断する選択やいかに。感動のフィナーレから目が離せません。

さよならマエストロ』あらすじバックナンバー

第8話
第7話
第6話
第5話
第4話

この記事の筆者:地子給 奈穂
編集・ライター歴17年。マンガ、小説、雑誌等の編集を経てフリーライターに転向後、グルメ、観光、ドラマレビューを中心に取材・執筆の傍ら、飲食企業のWeb戦略コンサルティングも行う。  

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    ツッコミどころ満載で愛される『名探偵コナン 紺青の拳』、気になる5つのシーンを全力でツッコんでみた

  • どうする学校?どうなの保護者?

    【PTA免除の儀式】固まる母親を見かね「もうやめませんか?」声をあげた父親に何が起きたか

  • 世界を知れば日本が見える

    大谷翔平選手に「忖度」がないアメリカ。メディアで言及される“矛盾点”を時系列順に整理した

  • AIに負けない子の育て方

    2024年の中学入試は「弱気受験」だったというが…受験者増の人気校に見る、中受親の変化