「色気がすごい」菊池風磨、腹筋あらわなモデルショットにファンもん絶! 「これはズルい」「やばぁ」

Sexy Zoneの菊池風磨さんは3月5日、自身のInstagramを更新。27日発売予定の雑誌『GIANNA』(メディア・パル)の表紙カットを公開し、反響を呼んでいます。(サムネイル画像出典:菊池風磨さん公式Instagramより)

Sexy Zoneの菊池風磨さんは3月5日、自身のInstagramを更新。自身が表紙を飾った27日発売予定の雑誌『GIANNA』(メディア・パル)のカバーショットを公開しました。

【実際の投稿:菊池風磨、色気あふれる表紙ショット】

「え、これガン見していいの?」

菊地さんは「#GIANNA #0327発売」とハッシュタグを付けて、1枚の写真を投稿。ブラックのセットアップを着用して椅子に座るモデルショットを披露しました。ジャケットの下には何も着用していないようで、胸元から腹筋までが大胆にあらわになっています。色っぽい表情でカメラを見つめていて、菊地さんの色気があふれた写真です。

ファンからは「ストーリーとの差が激しすぎる」「ふーまがアイドルしてる!かっこいいよー」「え、これガン見していいの?」「この上品なエロさがすきなの」「これはズルい」「やばぁ」「色気がすごい」など、称賛の声が多く寄せられています。

プライベート風ショットを多数公開

菊地さんは普段の投稿では、プライベート感あふれる写真を多く公開しています。2月20日にはお酒を飲む様子などを披露しました。次の投稿ではどんな姿を見せてくれるのか、楽しみですね。
 
次ページ
菊池風磨さんのほかの投稿も見る
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • アラサーが考える恋愛とお金

    子を持たない=キャリア志向と思われる日本社会。少子化対策が「全ての働く女性」に向けられる息苦しさ

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『キングダム 大将軍の帰還』は大沢たかおがMVP。それでも、さすがに気になる“テンポの鈍重さ”

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「インフラ、コンビニ、自動販売機」留学中の20代ロシア人男性が感じる、“日本ならでは”の特徴

  • どうする学校?どうなの保護者?

    「PTAがないと保護者は学校や行政に要望できない」はホント? 思い込みが要望の実現を妨げる例も