『おっさんずラブ-リターンズ-』第6話 ついに迎えた“結婚式”! 切ない恋心も交錯

2024年1月5日から新シリーズの放送がスタートしたドラマ『おっさんずラブ-リターンズ-』。第6話のストーリーをおさらいし、今後の見どころを紹介します。(サムネイル画像出典:テレビ朝日『おっさんずラブ-リターンズ-』公式サイト)

社会現象を巻き起こした大人気ドラマの新シリーズとなる『おっさんずラブ-リターンズ-』(テレビ朝日系)。第6話は、春田と牧の“結婚式”をテーマに、2人を取り巻くキャラクターの苦しい恋心にも焦点が当たった回となりました。この記事ではそんな第6話のストーリーをおさらいし、今後の見どころやSNSでの反響についても紹介します。

>前回(第5話)のあらすじはこちら

第6話のあらすじ

2月14日のバレンタインデーに、結婚式を控えている春田(田中圭)と牧(林遣都)。当日を楽しみに準備を進める春田に対し、牧は仕事が多忙を極め、打ち合わせにもまともに出席できない日々が続きます。

そんな牧の代わりに、式の打ち合わせに同席したのが、家政夫の黒澤(吉田鋼太郎)。なぜか2人に代わって、ファーストバイトや装飾のカットなどをウエディングプランナーに申し出て、話が進んでいきます。翌日はタキシードの試着日。牧は予定時間に間に合うよう仕事を終わらせるも、部下のミスで取引先に謝罪に行かなければならなくなり……。

亡き恋人とうりふたつの春田に淡い恋心を抱く和泉(井浦新)は、報われない気持ちを誰かに聞いてもらおうと、社内の相談室に足を運びます。その日、相談室の当番をしていた部長の武川(眞島秀和)は和泉の悩みに対し、バレンタインデーをきっかけに自分の気持ちに決着をつけてはどうかと提案します。

一方の六道(三浦翔平)は和泉への思いを断ち切ろうと、「任務の都合」というウソの書き置きを残して家を出ます。行く当てのない六道に、偶然通りかかった黒澤が声を掛け、自分の家に居候させることに。六道に春田との過去を話した黒澤は、自分の気持ちにきちんと区切りをつけるべきだったのではないかと、今でも葛藤していることを打ち明けます。

その頃、春田は結婚式に対する牧との温度差に、不安やイライラする気持ちを抱えながら、居酒屋「わんだほう」へ。そんな春田を店主の鉄平と妹のちずは「マリッジブルー」と断定するのです。
画像出典:テレビ朝日『おっさんずラブ-リターンズ-』公式サイト
画像出典:テレビ朝日『おっさんずラブ-リターンズ-』公式サイト
そして、ついに迎えた結婚式当日。忙しい仕事の合間をぬいながら、2人で準備を進めてきた甲斐あって、幸せいっぱいの時間を過ごす春田と牧。その一方、春田への思いがくすぶり続ける黒澤と、“史上最高元カレ”の証として牧にどうしてもバレンタインチョコを渡したい武川、そんな武川からの提案で春田にバレンタインのチョコレートを渡す機会を探る和泉、そしてその和泉へのバレンタインチョコを用意していた六道の切ない恋心が交錯して――。

今後の見どころとSNSでの反響

ついに春田と牧の結婚式が描かれた第6話。初期から見続けてきた筆者にとっては、2人の幸せそうな姿に感動を覚える一方で、かなわない恋心を抱くキャラクターたちの切なさにも感情移入してしまう複雑な回となった気がします。

放送を終えて、X(旧Twitter)では「曲の流れ出すタイミング最高すぎたし、もはや最終回なんじゃないかレベルだし、春田と牧の2人を1話からずっと見てきた人達はもう大号泣よ、、、末永くお幸せに、、、」「一生幸せでいてくれ…」などの声が投稿されていました。

2月16日に放送される第7話は、“子育て”に挑戦することになった春田と牧の生活を中心に、エンディングで突然吐血した黒澤の今後にも注目です!
画像出典:テレビ朝日『おっさんずラブ-リターンズ-』公式サイト
画像出典:テレビ朝日『おっさんずラブ-リターンズ-』公式サイト

『おっさんずラブ-リターンズ-』あらすじバックナンバー

第5話
第4話
第3話
第2話
第1話

この記事の筆者:柿崎 真英 プロフィール
2019年よりフリーランスライター・エディターとして活動。月刊誌やニュースサイト編集者としてのバックグラウンドを持つ。現在はローカルメディアでの活動を中心に、エンタメ・トレンド記事なども執筆。
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    東海道新幹線の「個室」が100系以来、四半世紀ぶりに復活! 「どこに設けられる?」JR東海に聞いた

  • 「婚活」の落とし穴

    「男らしさ」がしんどい若者たち。「女性より稼いで当然」「デートもリードすべき」と言われても

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    危機管理のプロが警告! 中学受験で“御三家”を目指す親子が知っておくべき「学歴エリートの落とし穴」

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『名探偵コナン 黒鉄の魚影』が、物語の「制約」を灰原哀の「居場所」へ昇華させた傑作である5つの理由