きゃりーぱみゅぱみゅ、突然の声掛けに「あ??」困惑。「走ってにげましょう」「礼儀知らずもいいとこ」

歌手のきゃりーぱみゅぱみゅさんは1月30日、自身のXを更新。とある出来事について困惑したことを報告し、ファンからはさまざまな反応が寄せられています。(サムネイル画像出典:きゃりーぱみゅぱみゅさん公式Xより)

歌手のきゃりーぱみゅぱみゅさんは1月30日、自身のX(旧Twitter)を更新。とある出来事について困惑したことを報告しました。

【実際の投稿:きゃりーぱみゅぱみゅ、困惑した出来事とは?】

「そのまま去るのが1番」

「『きゃりーさんですか?』と声をかけてくれて『はい、そうです!』と返したら近くにいる友達に向かって大きい声で『ねぇ、やっぱりきゃりーだって!本物だった!やば!!!』とか言われる事があるんですけど」と、実際に体験した出来事について説明したきゃりーさん。「その時どんな顔してたらいいの」と、どのような対応を取ればよいか困惑したようです。「私にも耳があるからそのまま聞こえてるんだよ〜」とのこと。

さらに「じゃんけんで負けた奴が話しかけにきてるのか? あ??」ともつづっています。あまり良い声の掛け方ではないことが伝わってきますね。

コメントでは、「きゃりーさんは優しいなぁ…」「そんな反応された時は、そのまま去るのが1番」「礼儀知らずもいいとこですね」「目の前にしたら喜びでびっくりしちゃいますからね」「めっちゃ笑顔で手を振りましょ」「走ってにげましょう」「有名人は大変ですね」など、さまざまな声が上がりました。

31歳になったきゃりーさん

29日の投稿では31歳の誕生日を迎えたことを報告していたきゃりーさん。Xのフォロワーも500万人近くいるなど、有名人だからこそ、いろいろと深く考えてしまう悩みでしょう。きゃりーさんが気持ちよく過ごせるような声掛けを心掛けたいですね。
 
次ページ
きゃりーさんのかわいい誕生日ショットも見る!
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    実写映画『アラジン』、アニメ版とはどう違う?作品をさらに魅力的にした「改変ポイント」5つを徹底解説

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    古い常識に縛られたおっさんが、ジェンダーやコンプラの前にアップデートすべき「昭和の価値観」3つ

  • どうする学校?どうなの保護者?

    どうする? 「PTA役員のなり手が見つからない」問題……何が役員の負担となっているのか

  • アスリートの育て方

    「あの時、嫌な予感がした」父の死で進路急転。中3で単身故郷を離れた元日本代表・駒野友一の原動力【独占インタビュー】