「母親の年金に頼っている状態」40歳無職男性、個人事業主で4000万円売上を立てるも病に倒れ……

All About ニュース編集部は、現在実家暮らしをしている人を対象に、毎月の生活費や貯金額に関するアンケート調査を実施。本記事では山形県村山市在住・40歳男性のエピソードを紹介します。

無職
山形県村山市在住・40歳男性のエピソード
実家を生活の拠点に置く人には、経済的な事情や自身の健康状態、家族の介護などいろいろな背景が考えられます。

All About ニュース編集部は、2023年12月20~29日の期間、現在実家暮らしをしている人を対象にアンケート調査を実施。毎月の生活費や貯金額、実家暮らしをしている理由などを聞きました。

今回は、山形県村山市在住・40歳男性のエピソードを紹介します。

>【男女別内訳】1人暮らしの1カ月あたりの平均生活費を見る

回答者のプロフィール&実家の状況

回答者本人:40歳男性
在住:山形県村山市
同居人数:親1人、自分
世帯年収:親150万円
実家の間取り:一軒家4LDK
職業:無職

生活費や貯金額は?

実家に入れている生活費:0円
交際費:2万円
毎月のお小遣い:1万円
毎月の貯金額:0円
貯金総額:不明

総務省統計局が発表した「家計調査報告書 家計収支編(2023年)」によると、35〜59歳男性の1カ月の平均消費支出は20万1949円です。そのうち、住居費の平均は3万5462円ですが、家賃などは地域や条件によって差が出てくるので、住居費を除いた16万6000円程度が回答者の属性に近い平均生活費ということになります。

回答者に、実家を出る予定、結婚の予定について聞くと、両方とも「ない」と話しました。

「脳出血になり、後遺症で気管切開、顔面麻痺、片麻痺に」

現在、健康的な理由が原因で実家暮らしをしている回答者。

「脳出血になり、後遺症で気管切開、顔面麻痺、片麻痺になったため、障がい者手帳は1級1種を取得している。障がい年金も今申請中の為収入がない状態です。つい最近退院したばかりなので、今は母親の年金に頼っている状態です」と現状について詳しく説明してくれました。

病気になり、自身で稼ぐことができなくなってしまったため実家へ戻り親と一緒に生活を送っているようです。

「倒れる前は個人事業主をやっており売り上げも4000万ほど」

また、実家暮らしについて苦悩を尋ねたところ、経済的な面について大きな問題を抱えていることが明らかに。

「まだまだ住宅ローンも残っている。住宅ローンを無くす申請をしたが通らなかったので、障害年金の額によっては、自己破産も視野に入れている。自己破産をして、生活保護になるのかまだ全然予想もつかない。ケアマネと話しながら今後決めていく予定です」と将来的な不安を語ってくれました。

現在は病気であるものの、病気発症前には人一倍働いていたという回答者。経済的な面での悩みをさらに聞くと、驚きの回答が。

「倒れる前は個人事業主をやっており売り上げも4000万ほどあったので、来年の申告で、とんでもない税金の額がくると思われる。その税金用の貯蓄はしていたがその後は貯金も底を付き収入も無くどうなって行くのが不安しか無い」と答え、病気を境に生活が一変してしまったことを告白しました。

病気以前は収入も多く、現在のような不安を抱くとは考えていなかったかもしれません。健康上の問題は深刻であり、個々人の力だけではどうにもできない部分もあります。将来の不安を打ち消すことはできずとも、緩和する道筋を模索することは回答者ならできるのではないでしょうか。

※回答者のコメントは原文ママです

この記事の筆者:鎌田 弘 プロフィール
ニュース記事を中心に執筆中のライター。IT企業のメディア担当を経て現在に至る。All AboutおよびAll About ニュースでのライター歴は2年。
次ページ
【男女別内訳】1人暮らしの1カ月あたりの平均生活費を見る
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    ツッコミどころ満載で愛される『名探偵コナン 紺青の拳』、気になる5つのシーンを全力でツッコんでみた

  • どうする学校?どうなの保護者?

    【PTA免除の儀式】固まる母親を見かね「もうやめませんか?」声をあげた父親に何が起きたか

  • 世界を知れば日本が見える

    大谷翔平選手に「忖度」がないアメリカ。メディアで言及される“矛盾点”を時系列順に整理した

  • AIに負けない子の育て方

    2024年の中学入試は「弱気受験」だったというが…受験者増の人気校に見る、中受親の変化