好きな「小説家としても活躍する女性芸能人」ランキング! 2位「壇蜜」、1位は?

All About ニュース編集部が実施した、「小説家としても活躍する芸能人に関するアンケート」から、今回は好きな「小説家としても活躍する女性芸能人」ランキングを紹介します。2位「壇蜜」、1位は?(サムネイル画像出典:壇蜜さん写真集公式Instagramより)

All About ニュース編集部は2023年8月10日~9月20日の間、全国10〜60代の男女356人を対象に、「小説家としても活躍する芸能人」に関するアンケートを実施しました。本記事では、好きな「小説家としても活躍する女性芸能人」ランキングを紹介します。

>9位までの全ランキング結果を見る

第2位:壇蜜(21票)

2位は、「壇蜜」さんが獲得!

29歳でグラビアタレントとしてデビュー後、映画『私の奴隷になりなさい』で初主演を務め話題に。グラビアのなかでもかなり際どい作風で、数々のバラエティ番組やドラマで活躍しています。

作家としては、オリジナル描き下ろしの小説集『はんぶんのユウジと』(文藝春秋)が話題となりましたが、グラビアアイドルデビュー時から書き続けているブログや、エンターテインメント系の小説誌『オール讀物』(文藝春秋)に掲載していた短編作品『光ラズノナヨ竹』『桂花故事』など執筆歴は長く、どれも壇蜜さんの感性が活かされた丁寧な言葉選びや独特の世界観が魅力です。

自由回答を見ると、「壇蜜さんの文章は独特のセンスがあるので好きです」(40代女性/兵庫県)や、「芸風と異なって美しい言葉遣いをされるので好印象を持っています」(20代女性/北海道)といったコメントが寄せられていました。

第1位:黒柳徹子(116票)

1位は、「黒柳徹子」さんです!

バイオリニストを父に持ち、自身も東京音楽大学声楽科を卒業しNHK放送劇団に入団後、同局専属のテレビ女性俳優第1号に抜てきされました。渡米後も、ジョニー・カーソンの『ザ・トゥナイト・ショー』(NBC)をはじめ数々の番組に出演し、そのまま日本の代表女性として紹介されています。

代表作『窓ぎわのトットちゃん』(講談社)は国内800万部という大ベストセラーとして日本記録も達成。世界35カ国以上の言語に翻訳され、その印税で社会福祉法人トット基金を設立するなど、多大な貢献をしてきた俳優さんです。

アンケート回答では、「『窓際のトットちゃん』は感動しました。豊かな才能を持っている人」(50代女性/青森県)や、「黒柳徹子さんの「窓際のトットちゃん」は随分前に書かれたにも関わらず、現代でも新鮮な視点を与えてくれる素晴らしい自伝小説」(40代女性/宮崎県)といったコメントが寄せられていました。

※コメントは全て原文ママです

この記事の筆者:斉藤 雄二 プロフィール
新潟出身、静岡在住の元プロドラマー。ライター執筆歴は約8年。趣味は読書とフィットネスとfiat500でドライブに出かけること。最近はeSportsの試合観戦が楽しみです。メインMCを担当するPodcast番組「だいたい二畳半|ホントは面白い住まいの話」をSpotifyやApplePodcastで配信中!

次ページ
9位までの全ランキング結果を見る
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    Mrs. GREEN APPLE『コロンブス』炎上騒動の背景にも…? トガッたクリエイター暴走リスクとは

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    引退する「ドクターイエロー」。座席数、ねぐら、後継車両…実はあまり知られていない7つの秘密

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    「失礼なことを聞くようだけど……」外国人が不思議に思う、日本人女性の徹底した「白肌信仰」

  • 世界を知れば日本が見える

    サウナが根付く国の人々は「控えめでシャイ」。大統領も認める、日本人とフィンランド人の意外な親和性