2016年の秋分の日は9月22日(木)。秋分の日は毎年日にちが固定されている「国民の祝日」だと思いがちだが、よくよく考えると2015年は9月23日が秋分の日だった。秋分の日は、「ハッピーマンデー(国民の祝日を、本来の日付から特定の月曜日に移動させ、土日と合わせて三連休にする制度)」ではないにも関わらず、なぜ年によってずれがあり、変動するのだろうか。そもそも秋分の日とはどのような日なのだろうか。同様に日程が変わり、名前もよく似ている祝日「春分の日」との関係は。

 

秋分の日とは

和文化研究家の三浦康子氏によると、春分や秋分は二十四節気のひとつで、太陽が真東から昇って真西に沈み、昼と夜の長さがほぼ同じになる日だという。暦の上では春と秋の折り返し地点になる。

 

秋は、秋分の日(=彼岸の中日)を境に日が短くなり、秋の夜長に向かう。つまり、太陽の出番がどんどん短くなるので、暑さも和らいでいくという。春はこの逆になる。

 

  • 春分は春(立春~立夏の前日)の折り返し地点
    ⇒春分以降、昼が長くなってゆく⇒寒さが和らぎ暖かくなる
  • 秋分は秋(立秋~立冬の前日)の折り返し地点
    ⇒秋分以降、昼が短くなってゆく⇒暑さが和らぎ涼しくなる

 

「秋分の日」の日付はどうして変動するのか

日本の祝日を定める「国民の祝日に関する法律」によると、春分、秋分の日は以下のように定められている。

  

春分の日 春分日 自然をたたえ、生物をいつくしむ。

秋分の日 秋分日 祖先をうやまい、なくなつた人々をしのぶ。

 

ここにある「春分日」「秋分日」とは何なのか。

国立天文台によると、「春分日」「秋分日」は天文学上の呼び名で、以下のように定義されているという。

太陽は星々の間を移動していて、その通り道を「黄道」といいます。また、地球の赤道を天にまで延長したものを「天の赤道」といいます。黄道と天の赤道は、お互いが傾いているために2点で交わり、その交点のうちの一方を「春分点」、もう一方を「秋分点」と呼びます。そして、太陽が春分点・秋分点の上を通過する瞬間がそれぞれ「春分」「秋分」と定義され、「春分」「秋分」を含む日のことを、それぞれ「春分日」「秋分日」と呼ぶのです。

  

国立天文台によると、地球の運行状態は常に変化しているため、将来の春分日、秋分日を予測することはできるが、必ずしも計算通りになるとは限らないのだという。また、祝日としての春分の日・秋分の日は、前年の2月1日に、春分の日・秋分の日の日付が書かれた「暦要項(れきようこう)」が官報に掲載されて正式決定されるのだという。つまり2018年の春分の日と秋分の日は2017年2月1日に決まるということだ。

  

なお、2017年の春分の日は3月20日(月)、秋分の日は9月23日(土)とのことだ。

 

海外に「秋分の日」はあるのか  

英会話講師の足立恵子氏によると、英語にはEquinox Day [イークワナクス・デイ](昼夜が同じ長さの日)という言葉があり、「秋分の日」はAutumnal Equinox Day、「春分の日」はVernal Equinox Dayと言うのだという。秋分の日は、日本ではpublic holiday(公休日)だが、海外では休みではなく、お祝いをすることもないようだ。

 

【関連記事】

2016年 お彼岸の時期と常識

なぜ「暑さ寒さも彼岸まで」というの?

シルバーウィークに海外で使える英会話!