炊飯器「マイコン」「IH」「圧力IH」は何が違う? おすすめはどれですか? 【家電のプロが解説】

炊飯器の「マイコン」「IH」「圧力IH」は何が違うのでしょうか。「All About」デジタル・白物家電ガイドのコヤマタカヒロが回答します。

炊飯器「マイコン」「IH」「圧力IH」は何が違う?
炊飯器「マイコン」「IH」「圧力IH」は何が違う?
炊飯器を買いたいけれど、いろいろな種類があってどれが良いか分からない……。そんな人もいるかもしれません。

「All About」デジタル・白物家電ガイドのコヤマタカヒロが回答します。
 

(今回の質問)
炊飯器「マイコン」「IH」「圧力IH」は何が違うんですか? おすすめはどれですか?

(回答)
加熱方式が異なります。おいしさを重視するなら「IH」か「圧力IH」方式を選びましょう。


どういうことなのか、以下で詳しく解説します。

おいしさ重視なら「IH」「圧力IH」がおすすめ

炊飯器の「マイコン」「IH」「圧力IH」は、加熱方式が異なります。

1万円前後の低価格な炊飯器は多くの場合、マイコン方式と呼ばれます。これは厳密には加熱式の名前ではなく、下部に取り付けられたヒーターで、内釜を下から加熱する仕組み。マイコンを使って温度制御をしているため、「マイコン式」と呼ばれています。

それに対して「IH」は磁力を発生させるコイルを使って内釜自体を発熱させて炊飯する仕組み。内釜全体が発熱するため、底から加熱するだけのマイコン式と比べて、高火力でご飯を炊くことができます。

「圧力IH」は、「IH」による高火力に加えて、内釜を密閉し、沸騰時の温度を100℃以上に高められる仕組みです。ごはんは高熱で熱することでデンプンのα化が進み、甘みや粘りが引き出せます。つまり、「圧力IH」はより甘く粘りのあるご飯を炊くことができるということです。

このため、ご飯のおいしさを重視するなら「IH」か「圧力IH」がおすすめです。最近では1万円台でも「IH」炊飯器を選ぶことができます。

一方、「マイコン」にも「消費電力が低い」というメリットがあります。「IH」「圧力IH」の炊飯器の多くは炊飯時の消費電力が1000W以上ですが、「マイコン」は700W前後が主流。電気の契約アンペアが低い場合や、車中泊でごはんを炊きたい、といった場合には「マイコン」がおすすめです。

現在の主流は「圧力IH」

とはいえ、現在の炊飯器の主流は、甘みがあってもっちりしたごはんが炊ける「圧力IH」です。大手家電メーカーの上位モデルはほとんどが「圧力IH」となっています。しかし、粒感が強いあっさりとしたごはんが好きという場合には、圧力を掛けずに炊く「IH」方式の炊飯器がおすすめです。

価格帯でみると、マイコン方式は1万円以下が主流。「IH」は1万円から10万円超まであります。また、「圧力IH」は3万円から13万円ぐらいの幅で選ぶことができます。価格と味へのこだわりを考えながら選んでみてください。

【Amazonで人気の炊飯器を見る】
     
この記事の筆者:コヤマ タカヒロ
1973年生まれ。家電とデジタルガジェットをメインに雑誌やWebなど様々な媒体で執筆するライター。執筆以外に監修やコンサルティングなども行っており、企業の製品開発、人材教育、PR戦略に関するアドバイザーなども務める。米・食味鑑定士の資格を所有。家電のテストと撮影のための家電スタジオ「コヤマキッチン」を用意。
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 世界を知れば日本が見える

    サウナが根付く国の人々は「控えめでシャイ」。大統領も認める、日本人とフィンランド人の意外な親和性

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『ルックバック』や『帰ってきた あぶない刑事』も。2024年の「バディ映画」から見えてくる多様性と変化

  • 植草美幸の恋愛・結婚相談ー編集部選ー

    44歳、スペック自慢の学歴厨? 実家は太いが強烈な実母の高望みに応えられるのか?

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    羽田空港行きの1番列車が発車! 外観も車内も“台湾づくし”の京急「ビビビビ!台湾号」運行開始