橋本マナミ、83歳死去の篠山紀信を追悼「作品を作るということの素晴らしさを教えてくれた方でした」

俳優の橋本マナミさんは1月5日、自身のInstagramを更新。写真家・篠山紀信さんの死を悼み、ファンからはさまざまな声が上がっています。(サムネイル画像出典:橋本マナミさん公式Instagramより)

俳優の橋本マナミさんは1月5日、自身のInstagramを更新。写真家・篠山紀信さんの死を悼みました。

【実際の投稿:橋本マナミ、篠山紀信の死を悼む】

「残念な朝ですね」

橋本さんは、「今朝、篠山紀信さんが亡くなられたニュースを拝見しました」と報告。続けて「まだ未熟な私に写真を撮られる楽しさ、作品を作るということの素晴らしさを教えてくれた方でした」と、篠山さんの人柄についてつづっています。「いつも同じ目線に降りてきて会話をしてくださる篠山先生。撮影中はいつも今まで見たことのない私を引き出してくださいました」とのことです。

また「またいつか先生に撮っていただけるのを目標にしていましたが叶わなかったなぁ、、、」とも吐露しました。最後は「篠山先生ゆっくり休んでください。ご冥福をお祈りします」と、篠山さんを悼む言葉で投稿を締めた橋本さん。載せた5枚の写真には、橋本さんと篠山さんのツーショットもあり、2人の親しさが伝わってくるようです。

コメントでは、「驚きました ご冥福をお祈りいたします」「橋本マナミさんの写真 スゴく綺麗で購入した事を思い出します」「残念な朝ですね」「素晴らしい写真家でしたよね」「素敵な写真集をありがとうですね ご冥福をお祈りします」など、さまざまな声が上がっています。

83歳で死去

4日に83歳で死去した篠山さんは、山口百恵さんや宮沢りえさんら数多くの芸能人を撮影しました。常に第一線で活躍していた写真家です。
  【橋本マナミさんの写真集をチェック!】
次ページ
橋本さんの普段の投稿も見る
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」