ドイツ×下町感の個性派商店街に一目ぼれ? 「住みたくない」ともいわれる「元住吉」駅には何がある?

名前は知っているけど降りたことがない、何があるのか分からない……。そんな「意外と知らないあの駅」の駅前を、All About ニュースの編集部が紹介します。今回取り上げるのは、東急東横線の元住吉駅です。

名前は知っているけど降りたことがない、何があるのか分からない……。そんな「意外と知らないあの駅」の駅前を、All About ニュースの編集部が紹介します。
元住吉駅には何がある?
元住吉駅には何がある?
今回紹介する駅は東急東横線、東急目黒線が乗り入れる元住吉駅。武蔵小杉と日吉の間に位置するこの駅は、急行電車が停車しないこともあり、降りたことがない人も多いかもしれません。

そこで、編集部メンバーが駅前を探索してみました! 元住吉駅の物件を検討している人も、元住吉駅での暇つぶしを探している人も必見です。

元住吉駅の基本情報:家賃相場はいくら?

神奈川県川崎市に位置する元住吉駅は、東急東横線と東急目黒線の2路線が乗り入れる駅。家賃相場は、駅徒歩10分以内、築年数10年以内だと、ワンルームで8.1万円、1LDK11.8万円、2LDK14.9万円(SUUMO、2023年12月13日閲覧)となっています。

急行電車が止まらないという弱点こそあるものの、両隣の武蔵小杉駅と日吉駅には急行が停車するほか、他の路線も乗り入れているため、実はアクセス良好な街。弊社のオフィスがある恵比寿や渋谷にも、神奈川が誇るオシャレエリア・横浜にも20分で行けちゃうんです。

駅名の「元住吉」は、かつての地名「橘樹郡住吉村」からきています。1925年に中原町に合併され「住吉村」の地名がなくなってしまったところ、住民から声が上がり「元住吉」という駅名が命名されたんだとか。当時の住民の皆さんの地元愛を感じるエピソードですね……!

あふれ出すドイツとの絆!ブレーメン通り商店街

というわけで、早速元住吉駅の探索をスタート! 元住吉駅の駅舎は地上3階に位置しているため、なが~~~~いエスカレーターを降りて地上に向かいます。
ブレーメンの音楽隊のオブジェが。クリスマス仕様でとってもキュート
ブレーメンの音楽隊のオブジェが。クリスマス仕様でとってもキュート
降りた先に待ち受けていたのは、ブレーメンの音楽隊のようなオブジェ。元住吉駅には「ブレーメン通り商店街」と「オズ通り商店街」の2つの商店街があり、そのうち「ブレーメン通り商店街」はドイツ・ブレーメンの商店街と友好提携を結んでいるんです。駅前のこの像は、現地・ブレーメン市庁前に設置されている像と同じ型からできているそう。遠く離れたドイツとの絆を感じます……!
ブレーメン通りには多種多様なお店が並ぶ
ブレーメン通りには多種多様なお店が並ぶ
「ブレーメン通り商店街」には、個人経営の美容室や日用品店から、「松屋」や「カルディ」など誰もが知るチェーン店まで、多様な店舗が立ち並んでいました。
頭上にもブレーメンの音楽隊が!
頭上にもブレーメンの音楽隊が!
また、駅前のみならず、商店街のあちこちにブレーメンの音楽隊をモチーフにしたオブジェが点在。散策される際には、ぜひ注目してみてくださいね!

飲んべえ歓喜! 居酒屋充実のオズ商店街

続いて、もう1つの商店街「オズ商店街」に向かいます。
「オズの魔法使い」のキャラクターがお出迎え
「オズの魔法使い」のキャラクターがお出迎え
オズ商店街は、その名の通り「オズの魔法使い」から命名。西口の「ブレーメン通り商店街」にならい、「横文字で親しみやすい名前」を検討して決定したそう。
散策を放棄してMajiで鳥貴族に入る5秒前
散策を放棄してMajiで鳥貴族に入る5秒前
こちらもブレーメン通り商店街と同様に、チェーンから個人経営の店舗まで数多くのお店が軒を連ねています。散策した印象では、より居酒屋が豊富な印象。元住吉で飲む予定がある際には、オズ商店街に足を延ばしてみてもいいかもしれません。

公園、銭湯……心やすらぐリラックススポットも!

にぎやかな商店街から少し足を延ばすと、ゆっくりとリラックスできる2つのスポットにも巡り合えました。
川崎市中原平和公園
川崎市中原平和公園
とってものどか。仕事を投げ出してあの切り株に座っていたい……
とってものどか。仕事を投げ出してあの切り株に座っていたい……
東口から5分程度で到着する川崎市中原平和公園は、なかなかに広くのどかな公園。夏場には水遊びができるそうで、子どもたちが集まるんだとか。
こんな銭湯が家の近くにあったらなあ……
こんな銭湯が家の近くにあったらなあ……
また、全ての湯舟やシャワーに軟水を使用している「今井湯」も地元住民の人気を集めるスポット。施設内には神奈川県川崎市をホームタウンとするサッカーチーム・川崎フロンターレのグッズが並べられており、地域密着の雰囲気を感じさせます。

元住吉は下町感と利便性を兼ね備えた町!

充実の商店街からリラックススポットまでそろった元住吉。個人商店がぎゅうぎゅうに詰まった様子には、ほんのりと下町感もあります。「元住吉」と検索すると、サジェストワードに「住みたくない」なんて出てきますが、全くそんなことは感じられませんでした。

渋谷と横浜をつなぐ東横線の真ん中なだけに、アクセスもしやすい元住吉。気になった人はぜひ途中下車してみてください。
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    2024年の最新「LGBTQ+映画」5選。「第三の性」と尊ばれる実在のサッカー選手を描く映画も

  • アスリートの育て方

    「あの時、嫌な予感がした」父の死で進路急転。中3で単身故郷を離れた元日本代表・駒野友一の原動力【独占インタビュー】

  • AIに負けない子の育て方

    市役所、銀行、大学まである…1日限りの”仮想の街”が美しが丘公園に出現! 横浜市発のキッズタウン

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    【近鉄本発売】女子鉄アナウンサー・久野知美は、なぜ人気? トークショーで分かった「愛される理由」