「外国籍だけでなく自国の学生にも制度の拡充を」奨学金300万円を完済した40代男性が語る壮絶な努力「貯金額3桁のときもあった」

近年、卒業後に返済に苦しむケースが多発している奨学金制度。編集部の独自アンケートで得た回答をもとに、奨学金300万円を借りて大学を卒業した後に大手企業に就職、食費や交通費を極限まで削った時期を過ごした40代男性のエピソードを紹介します。

奨学金300万円を完済した40代男性
奨学金300万円を完済した40代男性の奨学金エピソード
大学や大学院に通う学生を中心に、金銭面でのサポートを行う奨学金制度。近年、卒業後に奨学金の返済に苦しむ人が続出しています。

All About ニュース編集部は2023年7月26日~9月26日の期間に、奨学金の利用経験がある人を対象としたアンケート調査を実施。奨学金制度を利用した理由や返済にまつわる不安、制度に対する思いなどを聞きました。

今回はアンケートで得た回答のなかから、奨学金300万円を借りて大学を卒業した後に大手企業に就職し、食費や交通費を極限まで削った時期を過ごした40代男性のエピソードを紹介します。

回答者のプロフィール

回答者本人:40代男性
在住:中国上海市(完済当時:東京都新宿区)
家族構成:既婚(子あり)
住居形態:社宅
職業:正社員
年収:800万円
現在の貯金額:2000万円

回答者の奨学金の状況

借りた奨学金の種類:貸与型奨学金
返済状況:完済
奨学金で利用した金額(総額):300万円
奨学金の月々の返済額:1万円(6・12月はさらに3万円を加えて返済)
奨学金以外に借入しているもの:特になし

独立行政法人日本学生支援機構が発表した令和2年度学生生活調査結果によると、全国の大学生のうち49.6%もの学生が奨学金制度を利用しています。

「父が病気で休職」奨学金を在学中に利用開始

「私立大学の附属高校に入学した頃から父が病気で休職するようになってしまった」と話す回答者。

奨学金を利用した経緯について、「大学進学時に完全に失業し収入がなくなり、治療で出費も重なるようになった。何とか大学を卒業するために貸与の奨学金を申請し、大学2年から4年までの3年間の学費を奨学金で支払った」と話しました。

回答者は11年間で奨学金を完済する計画を立てていたものの、「11年後も安定した仕事に就けているだろうかという不安があった」と、計画自体についても不安を抱えていたとのこと。

「大手企業に入社できたので収入は悪くなかったが、親が病気療養で失業していることもあり、常に健康面に注意していた」と、奨学金返済のプレッシャーを感じていた過去を明かしています。

「貯金残高が三桁に」過酷すぎた新社会人時代

奨学金返済でのつらかった時期について、回答者は「一人暮らしを始めて新生活で何かとお金が必要だった時に、賞与月で返済額が上乗せになったこと」とコメント。

「引っ越しが終わり、諸々支払った後、給料日まで1週間を残し貯金残高が三桁になった」「福利厚生で発行してもらえたクレジットカードが使えるスーパーでしか買い物ができなかった」と、返済に追われて困窮していた当時の過酷なエピソードを語りました。

加えて、「数百万円の借金をしていることを何の気なしに友人に話したら、それ以来疎遠になってしまった」と、奨学金の返済残高が友人との関係に亀裂をもたらしたことを告白。

奨学金が回答者の家計だけでなく、人間関係にも大きく影響を及ぼしていた事実を明かしました。

「ダイエットと言いながら朝食抜き」

返済額を少しでも減らすため、計画よりも前倒しで返済を進めた回答者。

当時の生活について、「前倒し返済することで返済額が少し減額されることを後から知り、数か月極貧生活をした」「食費も皆にダイエットと言いながら朝食抜きで2食完全に自炊」と述べています。

「冬であり、海外駐在も決まっていたので、冷蔵庫も中古で販売し何とか返済残額をつくった」と、冷蔵庫を売って返済に必要な資金を集めた経験にも言及。奨学金返済のために重ねた壮絶な努力を話しました。

給付型奨学金の拡充を「自国の学生にも制度を利用してほしい」

回答者は奨学金を利用せざるを得ない状況だった過去に触れつつも、「貸与奨学金の場合は利息も含めて返済額・返済計画をしっかり事前確認をしておく必要がある」と奨学金の注意点に言及。

アンケートの最後には「昨今給付型奨学金が外国籍学生に付与する報道を目にするが、自国の学生にこそその制度を多く利用してほしい」と話し、自国の学生に対する給付型奨学金制度の拡充を求めました。

※回答者のコメントは原文ママです

この記事の筆者:三山 てらこ
横浜生まれ横浜育ち。グルメと深夜ラジオを愛するライター。FP2級。銃弾を防ぐ少年団と、ポケットに入るモンスターも大好き。最近の悩みはアイスの買い置きが一瞬でなくなってしまうこと。X(旧Twitter):てらこ@ライター(@TeraWEB1)
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    Mrs. GREEN APPLE『コロンブス』炎上騒動の背景にも…? トガッたクリエイター暴走リスクとは

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    引退する「ドクターイエロー」。座席数、ねぐら、後継車両…実はあまり知られていない7つの秘密

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    「失礼なことを聞くようだけど……」外国人が不思議に思う、日本人女性の徹底した「白肌信仰」

  • 世界を知れば日本が見える

    サウナが根付く国の人々は「控えめでシャイ」。大統領も認める、日本人とフィンランド人の意外な親和性