想定外の低賃金に「奨学金の返済計画が狂って転職」120万を返済した30代女性の本音「せめて国立大学は学費を安く…」

学生を支える制度である一方で、卒業後に返済に苦しむケースが後を絶たない奨学金制度。この記事では編集部が集めた回答をもとに、奨学金120万円を借りて卒業したものの、年収180万円の会社に就職して苦しい生活を送った30代女性のエピソードを紹介します。

120万を返済した30代女性の本音
120万を返済した30代女性の奨学金エピソード
All About ニュース編集部は2023年7月26日~9月26日にかけて、奨学金を利用した経験がある人を対象としたアンケート調査を実施。奨学金制度を利用した理由や返済にまつわる不安、現行制度への意見などを伺いました。

今回は、アンケートで得た回答のなかから、奨学金120万円を借りて卒業したものの、年収180万円の会社に就職して苦しい生活を送った30代女性のエピソードを紹介します。

回答者のプロフィール

回答者本人:30代女性
在住:岩手県盛岡市
家族構成:既婚(子あり)
住居形態:親族など他宅に同居
職業:その他
年収:15万円
現在の貯金額:20万円

回答者の奨学金の状況

借りた奨学金の種類:貸与型奨学金
返済状況:完済
奨学金で利用した金額(総額):120万円
奨学金の月々の返済額:1万5000円(ボーナス時期は5万円を追加で返済)
奨学金以外に借入しているもの:特になし

独立行政法人日本学生支援機構が発表した令和2年度学生生活調査結果によると、大学では49.6%、短期大学では56.9%の学生が奨学金制度を利用しています。

国公立大学でも奨学金を利用「長子で親に負担をかけたくなかった」

120万円の奨学金を借りて大学へ通った回答者。

奨学金制度を利用したきっかけを尋ねると、「自分は長子でしたので親に負担をかけるのは心苦しく、国立大で学費は安かったものの、教習所代やゼミ合宿などの大がかりな費用も何かとかかってしまうため、それらを賄うために奨学金制度に申し込みました」と話しました。

なお、回答者本人はすでに完済しているものの、大学院まで進学した配偶者の奨学金残高については「奨学金借入額は400万以上あり、50歳近くまで払わなければなりません」と語り、家計が今なお苦しい状況であることを明かしています。

想定外の低賃金「返済計画が狂って転職」

回答者が新卒入社した企業の年収は180万で、自分の想像よりもはるかに安い賃金だったそう。

当時の給料について、「新卒で入社した中小企業にはボーナスはありましたが、新卒の夏はなし、冬でも1万5000円、噂では管理職でさえ数万円という安さ」「企業に入りさえすれば月給1~2ヶ月分はもらえると勝手に思っていた自分には大きな計算違いと、精神的打撃でした」と述べています。

続けて、「これではボーナス払い5万円に設定していた奨学金が払えないため、労働時間の多さややりがいのなさもあり、2年で転職してしまいました」と告白。当時の回答者にとって奨学金の返済が辛いものであった事実を語りました。

まずは学費の見直しを「せめて国立大学は安くして」

現在の教育制度の課題について、「借りたのは本人の意志ではありますが、現在の日本の高等教育機関の学費が高いというのも問題ありかと思います」と語った回答者。

「大阪市のように学費を安くすれば入試の倍率が上がり、自然と優秀な人材が集まると思います」と、学費を下げることによるメリットも交えて教育費の負担軽減を求めました。

アンケートの最後には、「せめて国立大学はもっと安くしてほしいですが、逆に値上げされています」 と学費が上がり続ける教育の現状にも言及。全ての人が負担を背負うことなく教育を受けるためには、奨学金を利用しなくてもよい制度の構築が必要なのかもしれません。

※回答者のコメントは原文ママです

この記事の筆者:三山 てらこ
横浜生まれ横浜育ち。グルメと深夜ラジオを愛するライター。FP2級。銃弾を防ぐ少年団と、ポケットに入るモンスターも大好き。最近の悩みはアイスの買い置きが一瞬でなくなってしまうこと。X(旧Twitter):てらこ@ライター(@TeraWEB1)
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • どうする学校?どうなの保護者?

    「PTAがないと保護者は学校や行政に要望できない」はホント? 思い込みが要望の実現を妨げる例も

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「身長が193センチあるので……」日本大好きなニュージーランド人が、日本の電車で困っていることは?

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    国鉄特急を回顧する写真展を鉄道博物館で開催! 今はなき「絵入りトレインマーク」も展示

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『先生の白い嘘』のインティマシー・コーディネーター不在を改めて考える。「入れれば万事OK」ではない