「特撮出身」と聞いて驚いた俳優ランキング! 1位「赤楚衛二」、では2位は?

All About ニュース編集部が実施した「特撮出身の俳優に関するアンケート」から、今回は「『特撮出身』と聞いて驚いた俳優」ランキングを紹介します。2位「松坂桃李」、1位は?(サムネイル画像出典:赤楚衛二さん公式Instagramより)

All About ニュース編集部は10月5日~11月6日の間、全国10〜60代の男女239人を対象に、「特撮出身の俳優」に関するアンケートを実施しました。今回は「『特撮出身』と聞いて驚いた俳優」ランキングです。早速、見ていきましょう!

>10位までの全ランキング結果を見る

第2位:松坂桃李(侍戦隊シンケンジャー)28票

2位は、「松坂桃李」さんでした!

2009年に『侍戦隊シンケンジャー』(テレビ朝日系)のシンケンレッド役で俳優デビュー。ドラマや映画への出演のほか、舞台俳優や洋画の日本語吹替など幅広く活躍しており、2020年には映画『新聞記者』で第43回日本アカデミー賞主演男優賞も受賞しています。話題作にも多数出演してきたことから、特撮出身であることを知らない人も多かったのかもしれません。

アンケート回答を見ると、「アクションをするイメージがなかったので驚きました」(40代女性/奈良県)や、「全然知らなかったのでビックリしました」(40代女性/千葉県)といったコメントが寄せられていました。

第1位:赤楚衛二(仮面ライダービルド)32票

1位には、「赤楚衛二」さんが選ばれました!

2015年に『表参道高校合唱部!』(TBS系)で俳優デビュー。2017年に放送された『仮面ライダービルド』では、万丈龍我/仮面ライダークローズ役を担当しました。『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』(テレビ東京系)や、『舞いあがれ!』(NHK)、映画『映像研には手を出すな』といった話題作に出演し注目を集めていますが、あまりアクション作品に出ているといったイメージはなかったのかもしれません。

自由回答では、「優しそうな顔してるのに特撮出身とは意外」(40代女性/岐阜県)や、「真面目な印象があるからアクションをしていると知らなかった」(40代女性/兵庫県)といったコメントが寄せられていました。

※コメントは全て原文ママです

この記事の筆者:斉藤 雄二 プロフィール
新潟出身、静岡在住の元プロドラマー。ライター執筆歴は約8年。趣味は読書とフィットネスとfiat500でドライブに出かけること。最近はeSportsの試合観戦が楽しみです。メインMCを担当するPodcast番組「だいたい二畳半|ホントは面白い住まいの話」をSpotifyやApplePodcastで配信中!

次ページ
10位までの全ランキング結果を見る
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「インフラ、コンビニ、自動販売機」留学中の20代ロシア人男性が感じる、“日本ならでは”の特徴

  • どうする学校?どうなの保護者?

    「PTAがないと保護者は学校や行政に要望できない」はホント? 思い込みが要望の実現を妨げる例も

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    国鉄特急を回顧する写真展を鉄道博物館で開催! 今はなき「絵入りトレインマーク」も展示

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『先生の白い嘘』のインティマシー・コーディネーター不在を改めて考える。「入れれば万事OK」ではない