「au三太郎シリーズ」に出演してほしい俳優3選! 横浜流星、吉沢亮、あと1人は?

All About ニュース編集部が実施した、「au三太郎シリーズに関するアンケート」から、本記事では「au三太郎シリーズに出演してほしい俳優3選」を紹介します。横浜流星、吉沢亮、あと1人は?(サムネイル画像出典:横浜流星さん公式Instagramより)

All About ニュース編集部は9月12日〜10月16日の間、全国10〜60代の男女334人を対象に「au三太郎シリーズに関するアンケート」を実施しました。本記事ではその結果から、「au三太郎シリーズに出演してほしい俳優3選」を発表します!

累計100作以上も制作されたauのCM「三太郎」シリーズ。桃太郎、浦島太郎、金太郎の3人を中心に、さまざまな俳優が登場した人気シリーズです。もし新しく登場するなら、どんな役者が良いのでしょうか。

横浜流星

1人目は、「横浜流星」さんです!


ファッション誌『nicola』(新潮社)のモデルとして活躍後、戦隊モノシリーズ『烈車戦隊トッキュウジャー』(テレビ朝日系)でブレークを果たします。2019年に映画『愛唄 -約束のナクヒト-』でアカデミー賞新人俳優賞を受賞後も、『あなたの番です』(日本テレビ系)や舞台『巌流島』など、さまざまな作品で精力的に活動中です。

アンケート回答を見ると、「イケメン通りすがり村人役で、通りすがりなのに強い。ガチで空手して鬼退治して欲しい」(40代女性/兵庫県)や、「すぐに溶け込めそうだから」(20代男性/兵庫県)といったコメントが寄せられていました。

吉沢亮

2人目は、「吉沢亮」さんです!

2011年の特撮作品『仮面ライダーフォーゼ』(テレビ朝日系)で注目され、2013年に人気漫画『ぶっせん』のドラマ版(TBS系)と舞台版で主役を務めて以降、さまざまなドラマや映画、舞台などで活躍。2019年には映画『空の青さを知る人よ』で声優業にも挑戦し、活動の幅を広げています。

自由回答を見ると、「au三太郎シリーズに何の役で出演しても似合いそうだから」(30代女性/静岡県)や、「どのような役でもハマりそうだと思ったから」(20代女性/神奈川県)といった声がありました。

ムロツヨシ

3人目は、「ムロツヨシ」さんです!

テレビドラマ『勇者ヨシヒコ』シリーズ(テレビ東京系)の印象が強いムロツヨシさんですが、最初は1人舞台でデビューした経歴の持ち主。勇者ヨシヒコを手掛けた福田雄一監督の作品では常連で、2014年のドラマ『新解釈・日本史』(TBS系)では初主演も果たしています。個性派俳優として、深みのある演技が魅力。

自由回答を見ると、「CM上でかき回して欲しい」(30代男性/静岡県)や、「御伽話が似合いそうだと思う」(30代女性/東京都)、「コメディー的演技がうまいと感じているから」(40代男性/東京都)といったコメントが寄せられていました。

※コメントは全て原文ママです

この記事の筆者:斉藤 雄二 プロフィール
新潟出身、静岡在住の元プロドラマー。ライター執筆歴は約8年。趣味は読書とフィットネスとfiat500でドライブに出かけること。最近はeSportsの試合観戦が楽しみです。メインMCを担当するPodcast番組「だいたい二畳半|ホントは面白い住まいの話」をSpotifyやApplePodcastで配信中!

調査概要

調査期間:9月12日~10月16日
調査方法:インターネット調査
回答者属性:全国10~60代の334人(10代:5人、20代:71人、30代:128人、40代:90人、50代:34人、60代:6人)

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    引退する「ドクターイエロー」。座席数、ねぐら、後継車両…実はあまり知られていない7つの秘密

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    「失礼なことを聞くようだけど……」外国人が不思議に思う、日本人女性の徹底した「白肌信仰」

  • 世界を知れば日本が見える

    サウナが根付く国の人々は「控えめでシャイ」。大統領も認める、日本人とフィンランド人の意外な親和性

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『ルックバック』や『帰ってきた あぶない刑事』も。2024年の「バディ映画」から見えてくる多様性と変化