「5000万でサイドFIREが目標」1160万円貯めた年収380万の34歳男性、貯金をするために「やめたこと」

1000万円を貯めるとなると簡単なことではありません。サイドFIREを目指しているという人もいるようです。貯めるために、具体的に何をして、何をやめたのか。All About ニュース編集部が実施したアンケート調査から、34歳男性のケースを紹介します。

1160万円貯めた年収380万の34歳男性
1160万円貯めた年収380万男性のエピソード

10万円や100万円はともかく、1000万円を貯めるとなると簡単なことではありません。貯められた人は、どのような目標を立て、実行したのか気になりますよね。サイドFIREを目指しているという人もいるようです。


1000万円を貯めるために、具体的に何をして、何をやめたのか。All About ニュース編集部が実施したアンケート調査から、34歳男性のケースを紹介します。
 

回答者のプロフィール

回答者本人:34歳男性
家族構成:独身(子なし)
居住地:岡山県
職種:介護士
現在の年収:380万円
現在の貯蓄額:1160万円
 

30代で貯金1000万円ある人の割合は?

ちなみに30代で貯金が1000万円ある人は、どのくらいの割合いるのでしょうか。金融広報中央委員会が発表した「家計の金融行動に関する世論調査(令和4年)」によると、株式などを含めた金融資産保有額で、1000万円以上1500万円未満の人の割合は、全体では1人暮らしの人で7.3%、2人世帯以上で10.8%でした。


年代別で見ると、30代は1人暮らしの人で6.8%、2人世帯以上で8.7%となっています。

貯金が1000万円以上1500万円未満の人の割合
貯金が1000万円以上1500万円未満の人の割合


<出典>
「家計の金融行動に関する世論調査[単身世帯調査](令和4年)」(金融広報中央委員会)
「家計の金融行動に関する世論調査[二人以上世帯調査](令和4年)」(金融広報中央委員会)
 

資産5000万円でサイドFIREすることを目標に

貯金を始めた際の目標について「7年ほどは目標なしで、自然に貯金が500万円ほど貯まっていました。それ後は資産5000万円でサイドFIREすることを目標にしました」と語る男性。10年以上かけて1000万円を貯めたそうです。
 

現金払いをほとんどやめてキャッシュレス決済に

貯金をするために「やめたこと」を聞くと「過度の間食、半額お菓子の購入を減らす、ペットボトル飲料の購入を減らす、ソフトバンクからLINEMOに変更、保険の解約、時間捻出のため無課金のスマホゲームを止める、読んでいない本の続巻の購入をやめる、外食を減らす、現金払いのほとんどをやめてキャッシュレス決済に変える、弁当の購入をやめる、都市部へ出る回数を減らす」と答えてくれました。
 

イオン経済圏をできるだけ活用する

1000万円を貯めるために具体的に行ったことは「ポイ活を始める、現金払いからキャッシュレス決済に変える、投資の入門書を読む、ネット銀行開設、投資信託を始める、クラウドワークスを始める、株式投資を始める、YouTubeの動画でお金の勉強をする」。

さらに「格安SIMへの変更、満期返戻型の保険を解約して投資資金にする、健康維持のために食生活を見直す、メルカリで不用品を売る、イオン経済圏をできるだけ活用するようになる、食品のグラム単価を計算する、食品表示を見て購入するかどうか一度考える」と、多くのことを実践しているようでした。
 

1000万円達成! その後は……

すでに1160万円の貯金がありますが「目標額を5000万にしているので、特に変わりない生活を続けています。ただ、心にゆとりができた分、支出が少し増えています。節約と小銭稼ぎは天井が見えたので、次は収入アップを考えています」とのこと。

「先月、転職サイトに登録し、求人を見ながら情報収集を行っています。来年から活動を開始しようかと思っていますが、ひと月になる求人が見つかったので、チャットAIやYouTube、転職エージェント、キャリアアドバイザーからの情報収集を行っています」と、貯蓄を続けながら転職など収入アップを考えているそうです。

おすすめの節約術は「株主優待の活用」

おすすめの節約術を聞くと「株主優待の活用です。良く行くお店で使える株主優待を調べて割に合いそうなら購入しています。特に、私はイオン系列のお店で良く買い物をしているので、イオンの株主優待カード(後日、買い物額の3%還元)+iAEON(アプリ)のクーポンやイオンペイ+ポイントアップキャンペーン+割引キャンペーンなどを併用して節約しています」と話してくれました。
 

※回答者のコメントは原文ママです
 
この記事の筆者:石川 カズキ
1984年沖縄県生まれ。筑波大学人間学類卒業後、会社員を経て芸人・作家・コピーライターに。エレキコミック・ラーメンズを輩出した芸能事務所トゥインクル・コーポレーション所属。第60回宣伝会議賞コピーゴールド受賞、LOFT公式YouTubeチャンネル『コントするイシカワくん』シリーズのコント台本・出演、KNBラジオCMコンテスト2020・2023協賛社賞受賞など。お仕事あればお気軽にご連絡ください。AIから仕事を奪うのが目標です。
 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」