『ヤンジャン』表紙で話題のモデル・野崎萌香、布面積少なめビキニで美ボディを大胆披露! 「えっちすぎ」「ナイスBODYや」

モデルの野崎萌香さんは9月24日、自身のInstagramを更新。表紙を務めた雑誌『週刊ヤングジャンプ』No.43(集英社)のオフショットを公開しました。(サムネイル画像出典:野崎萌香さん公式Instagramより)

モデルの野崎萌香さんは9月24日、自身のInstagramを更新。表紙を務めた雑誌『週刊ヤングジャンプ』No.43(集英社)のオフショットを公開し、反響を呼んでいます。


【実際の投稿:野崎萌香、布面積少なめビキニ姿に反響】
 

「オッパイ!! たまらなすぎます」

野崎さんは「発売中のヤンジャンのオフショット」とつづり、自身の写真を8枚載せました。赤いワンピースやビキニを着用した姿を掲載しています。2、6枚目の布面積の少ないビキニを着用した写真では、美しいボディがあらわになっており、とてもセクシーです。

ファンからは「完璧」「えっちすぎ」「破壊力抜群すぎてヤバすぎます」「ナイスBODYや」「オッパイ!! たまらなすぎます」など、歓喜のコメントが寄せられました。
 

カバーショットも公開

23日にも同じビキニを着用した姿を披露していた野崎さん。やはり美しいボディがあらわになっています。また、21日には同誌のカバーショットも公開。タンクトップを手でめくり、下着が見えた刺激的な写真です。気になった人は、発売中の雑誌もぜひチェックしてみては。
 

>次ページ:『週刊ヤングジャンプ』のカバーショットも見る
【野崎萌香さんの写真集をチェック!】
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 「婚活」の落とし穴

    「年の差婚」の限界点……男性40代×女性20代は結婚相談所でも0.5%のスーパーレア案件だった!

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在