42歳男性、年収500万円、実家暮らし。親から「実家に入れている生活費」に関して嫌みを言われ…

All About ニュース編集部は、現在実家暮らしをしている人を対象に、毎月の生活費や貯金額に関するアンケート調査を実施。本記事では大阪府貝塚市在住・42歳男性のエピソードを紹介します。

実家暮らしエピソード
大阪府貝塚市在住・42歳男性のエピソード

実家暮らしを選ぶ理由は、人によってそれぞれ。経済的な事情、職場へのアクセス、自身の体調、親の介護など、さまざまな事情を抱えている場合もあります。

All About ニュース編集部は、2023年7月18~27日の期間、現在実家暮らしをしている人を対象にアンケート調査を実施。毎月の生活費や貯金額、実家暮らしをしている理由などを聞きました。

今回は、大阪府貝塚市在住・42歳男性のエピソードを紹介します。
 

回答者のプロフィール&実家の状況

回答者本人:42歳男性
在住:大阪府貝塚市
同居人数:親2人、自分、子ども1人
世帯年収:自分500万円
実家の間取り:2LDK
 

生活費や貯金額は?         

実家に入れている生活費:1〜2万円
交際費:5000円
毎月のお小遣い:2万円
毎月の貯金額:10万円
貯金総額:約2000万円

総務省統計局が発表した「家計調査報告書 家計収支編(2021年)」によると、35〜59歳男性の1カ月の平均消費支出は18万9753円です。そのうち、住居費の平均は2万9396円ですが、家賃などは地域や条件によって差が出てくるので、住居費を除いた16万円程度が回答者の属性に近い平均生活費ということになります。

回答者に、実家を出る予定について聞くと「ない」とし、「今の家をリフォームして死ぬまでそこに住むつもりだから」と回答。さらに、恋愛や結婚願望については「現在恋愛中です」と話しました。
 

実家暮らしでは「将来の貯蓄」と「母の支援」が可能になる

現在、実家暮らしを選択している理由は「家賃がかからないので将来のための貯蓄ができるのが一番の理由です」と明かしました。

また「自分の母がこれから高齢になるにあたり一人にさせると心配なので、一緒に住んで何かあったときはすぐに対応ができるのでそれも理由の一つです」と、実家に住む2つの前向きな理由を教えてくれました。
 

家計に入れている“金額”への嫌みがストレスに

一方、実家暮らしで苦労していることについては「やはり母親と一緒にすんでいるので、自分のペースで生活ができない時があり、そのためストレスがたまるときがあります」と明かしました。

「ご飯やお風呂の時間など自分が計画していた通りにならないことの方が多いのでその部分が苦労しているところです」と続けています。

実家暮らしは恩恵を得られるだけではなく、プライバシーの観点については弊害も生じていると感じているようです。

また、実家暮らしをする上でお金に関する悩みについても「自分は1~2万円生活費を入れていますが、生活費をいくら入れているかが、他の家庭や親せきと比べられて嫌味を言われることがあるのでそれが悩みです」と苦労を抱えている旨を明かしました。

※回答者のコメントは原文ママです

この記事の筆者:鎌田 弘 プロフィール
ニュース記事を中心に執筆中のライター。IT企業のメディア担当を経て現在に至る。All AboutおよびAll About ニュースでのライター歴は2年。
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    性加害疑惑・伊東純也選手のプーマ広告が復活 「告発女性を逆に訴える」という対応はアリだったのか?

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『魔女の宅急便』のマックのCMにそっくり? 映画『化け猫あんずちゃん』のかわいいだけじゃない魅力

  • アラサーが考える恋愛とお金

    子を持たない=キャリア志向と思われる日本社会。少子化対策が「全ての働く女性」に向けられる息苦しさ

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「インフラ、コンビニ、自動販売機」留学中の20代ロシア人男性が感じる、“日本ならでは”の特徴