「収入が低く、家賃を支払うのがつらい」29歳女性、年収200万円、低収入のため実家暮らし。貯金額は?

All About ニュース編集部は、現在実家暮らしをしている人を対象に、毎月の生活費や貯金額に関するアンケート調査を実施。本記事では大阪府茨木市在住・29歳女性のエピソードを紹介します。

実家暮らしエピソード
大阪府茨木市在住・29歳女性のエピソード

1人暮らしではなく、実家暮らしを選ぶ理由は人によってさまざま。経済的な不安や家族の介護など、あらゆる事情が考えられます。中には、1つの理由のみならず、複数の理由から実家暮らしを続けている人も。

All About ニュース編集部は、2023年7月18~27日の期間、現在実家暮らしをしている人を対象にアンケート調査を実施。毎月の生活費や貯金額、実家暮らしをしている理由などを聞きました。

今回は、大阪府茨木市在住・29歳女性のエピソードを紹介します。
 

回答者のプロフィール&実家の状況

回答者本人:29歳女性
在住:大阪府茨木市
同居人数:親2人、自分
世帯年収:父親300万円、母親100万円、自分200万円
実家の間取り:3DK
 

生活費や貯金額は?         

実家に入れている生活費:2万5000円
交際費:1万円
毎月のお小遣い:5万円
毎月の貯金額:4万円
貯金総額:180万円

総務省統計局が発表した「家計調査報告書 家計収支編(2021年)」によると、34歳以下女性の1カ月の平均消費支出は16万3767円です。そのうち、住居費の平均は3万8400円ですが、家賃などは地域や条件によって差が出てくるので、住居費を除いた12万円程度が回答者の属性に近い平均生活費ということになります。

回答者に、実家を出る予定の有無を聞くと、現時点では「ない」とし、「収入が低いので」とのこと。さらに、恋愛や結婚願望は「ない」と答え、「面倒くさいと思う」と話しました。
 

「収入が低く、家賃を支払うのがつらい」

現在、実家暮らしを選んでいるのは「収入が低く、家賃を支払うのがつらい」のが1番の理由だそうです。次いで「両親ともに高齢」という理由も。

「両親ともに高齢なので、家事などの手伝いを頼まれるときもあります。一緒に暮らしている方が手間が少ないので、今後も実家暮らしを続けると思います」と、今後のプランについても言及しました。
 

実家暮らしには「プライベートの犠牲」が伴う

一方、実家暮らしで苦労していることについては「力仕事などを頼まれることが多く、年齢を重ねるごとにつらさを感じます」と述べています。

さらに、「食事や入浴などは時間が決まっているので、自由にできないのが窮屈に感じるときがあります。荷物の受け取りなどで、内容を聞かれることがあり、煩わしく思うことがあります」と、実家暮らしの弊害を語りました。

実家暮らしは人と共同生活をするため、プライベートに関する問題は避けられず、その点についてはマイナスな一面であると感じているようです。

とはいえ、実家暮らしをする上でお金に関する悩みについては「ありません」と明かしました。「生活費も一人暮らしと比べればとても少なく、それによって貯金もできています」と、経済的な安定を得る目的については達成しているようです。

※回答者のコメントは原文ママです

この記事の筆者:鎌田 弘 プロフィール
ニュース記事を中心に執筆中のライター。IT企業のメディア担当を経て現在に至る。All AboutおよびAll About ニュースでのライター歴は2年。
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    日本人には日常すぎて衝撃! 外国人が「最高に素晴らしい!」と称賛する日本のいいところ厳選3

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    東海道新幹線の「個室」が100系以来、四半世紀ぶりに復活! 「どこに設けられる?」JR東海に聞いた

  • 「婚活」の落とし穴

    「男らしさ」がしんどい若者たち。「女性より稼いで当然」「デートもリードすべき」と言われても

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    危機管理のプロが警告! 中学受験で“御三家”を目指す親子が知っておくべき「学歴エリートの落とし穴」