木下優樹菜、長女&次女と“バービーショット”公開! 「三姉妹にしかみえない」「Barbieに負けじと可愛い3人」

元タレントで現在はYouTuberとして活動する木下優樹菜さんは8月17日、自身のInstagramを更新。親子スリーショットを公開しました。コメントでは「可愛すぎる」と、称賛の声が多数上がっています。(サムネイル画像出典:木下優樹菜さん公式Instagramより)

元タレントで現在はYouTuberとして活動する木下優樹菜さんは8月17日、自身のInstagramを更新。親子スリーショットを公開しました。

【実際の投稿:木下優樹菜、“バービーショット”公開!】
 

「ピンクコーデ可愛すぎですね」

木下さんは「小さい頃からBarbieで育った私はまさか映画がやるなんて知った時にはこの夏が楽しみで仕方なかった」とつづり、写真を2枚載せています。1、2枚目ともに親子スリーショットです。1枚目は木下さんと長女、次女がそれぞれ楽しそうにポーズを取っています。2枚目では3人とも立っていて、かわいらしいファッションと抜群のスタイルがよく分かります。

コメントでは、「ピンクコーデ可愛すぎですね」「3人Barbie可愛い」「可愛すぎる」「ピンクfamily可愛すぎ」「Barbieより優樹菜のが可愛いって思っちゃう私」「ゆきなちゃん親子が可愛すぎます」「三姉妹にしかみえない」「Barbieに負けじと可愛い3人」と、称賛の声が多数上がっています。
 

ストーリーズでも“バービーショット”公開

木下さんらは今回、日本で11日に公開された映画『バービー』を見に行ったようです。またInstagramのストーリーズでは、さらなる“バービーショット”を公開。3人の仲の良さが伝わってきます。今後も親子スリーショットを楽しみにしたいですね!
 

>次ページ:ストーリーズの“バービーショット”も見る!
 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」